第17回 東京・府中の古社「大國魂神社」の「くらやみ祭り」

投稿日: 2010年05月07日 11:00 JST

5月5日こどもの日、東京の府中にご鎮座する「大國魂神社」では、古来より伝わる「くらやみ祭」と呼ばれる、例大祭が催されており、夕刻からは、そのお祭りのハイライトとである「神輿渡御」がおこなわれました。

image

実は、先月の「女性自身」で、私は初めて、神社のページを担当しました! 

東京の神社、明治神宮、東京大神宮、ほかにも日枝神社、神田神社、杉並大宮八幡宮、そしてこちらの大國魂神社を紹介させていただき、そのご縁で、今回、この祭典を見学させていただきました。

来年には1900年を迎える大國魂神社に、古式ゆかしい「くらやみ祭り」が今も、地元の方々に愛されているのを肌で感じてまいりました。

このお祭りは、この「神輿渡御」を中心として、

4月30日 品川海上禊祓式からはじまり。

5月2日 御鏡磨式(みかがみすりしき)

5月3日 競馬式(こまくらべしき)

5月4日 御綱祭(みつなしき)

そして5日の例祭へと盛り上がりをみせていきます。

夕刻6時 花火があがり、いよいよお渡りが始まりました。

神輿渡御では、直径2メートル以上もある「大太鼓」(上の写真をご覧ください)が6張り。

その後を、お神輿8基が登場です。

1基 1000キロほどもありお神輿を、勢いある掛け声とともに、何十人もの人が力をあわせ担いでいきます。

担ぎ手の多さにも感動です。

それだけ、このお社とお祭りが、地元の方々に愛され情熱を持ち受け継がれているのを感じます。

みなさんの熱気で見ている側にも元気を与えてもらってるよう!!

じょじょに夜の帳が下りてきました。

昔は、真夜中におこなわれていたそうです。

image

提灯の灯りって情緒があり美しいですよね。

 image

image

お旅所へ向けて、担ぎ手さんがたが、お神輿を威勢のよい掛け声とともにお渡ししていきました。

お旅所でお泊りになったお神輿は、翌日に神社に「還御(かんぎょ)」され、神霊を本殿にお遷しして

お祭りは終了です。

夜店も500店以上が出て、帰りはすごい人でしたよ。

毎年このお祭りはGWと重なることもあり、60-70万人が訪れ賑わいを見せます。

このお祭りは、今年、東京の指定無形民俗文化財にも指定されました。

こうしたお祭りや伝統が、人々の手により、思いにより伝わっていくって、いいなーと思います。

私は、お神輿のお渡りを見ていても、そうした人々の思いを感じ、胸が熱くなりました。

また最近では、このお社も、パワースポットとして注目を集めているそうです。

ぜひ、パワースポットという面だけではない、神社とのつながりを、発見されるといいなと思います。

ぜひ、一度、緑豊かな東京郊外の古社にも参拝なさってくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング