STAR13人の「深イイ話!」公開ー絆を育んだ「バトル&和解」!

投稿日: 2009年07月07日 00:00 JST

東方神起・チャンミン VS ジェジュン「漢方薬を無断で飲んで…」

「メンバーの結束が固いことで有名な東方神起ですが、ときには、かなり激しいケンカをすることもあるそうです。
それでも、兄弟のように仲がいいのは《ケンカのあとは、必ず一緒においしいものを食べて仲直りをする》というルールを守っているからだそうですよ」
(韓国・女性誌記者)
今週の「韓ナビ!」テーマは、STARの“バトルの行方”。親友や恋人、夫婦関係にヒビが入りそうなとき、彼らはどのように“危機”を乗り切るのか? エピソード満載でお届けします!
「東方神起のメンバーは、プライベートでも行動を共にすることが多いので、些細なことでケンカになってしまうことがあるんです」
とは、前出の記者。
「かつて、ジェジュン(23)とチャンミン(21)は“漢方薬”を巡って大バトルを演じたことがありました。気管支にいいとされる高価な漢方薬を共同購入したのですが、そのほとんどを、ジェジュンが1人で飲んでしまったんです。
激怒したチャンミンがジェジュンの母親に代金を請求したというエピソードが笑い話として語り継がれています」
もっともジェジュンに悪気はなかったようで、
「チャンミンがあまり漢方を飲まないから、《もったいない》と思って飲みました。
でも、彼に無断で飲んでしまったのはいけなかった。その後は、ひと言断ってから飲むようになりました(笑)」
とラジオ番組で語っている。
ジェジュンが素直に非を認めて一件落着となったものの、
彼にはこんな“過去”も……。
「デビュー前の合宿時代、同じ事務所に所属する“SUPER JUNIOR”メンバーのキム・ヒチョル(25)が買ってきたハンバーガーを勝手に食べてしまい、ケンカになったことがあるんです。
彼とは“食べ物”を巡るケンカが多かったけど、5分後には仲直りしていましたね(笑)」(別のラジオ番組より)
彼らは、“同じ釜の飯を食う”ことで、深い絆と信頼関係を築いているようだ。

イ・ビョンホン VS イム・チャンジョン「同居中に酔って乱闘」

続いて、イ・ビョンホン(38)とイム・チャンジョン(35)。
「実はチャンジョンは、駆け出し時代にビョンホンと同居していた時期がありました。
しかしある日、友人たちを招いた酒の席で、2人は取っ組み合いのケンカをしてしまったのです」(前出・記者)
今年2月に放送されたバラエティ番組『明朗ヒーロー』(MBC)で、チャンジョンは当時をこう振り返った。
「酒の勢いもあり、私が彼の気に障ることを言ってしまったのがケンカの発端でした。
ビョンホンさんは、友人たちに『お前ら外に出ていろ!』と言うと、興奮している私に殴りかかってきた。私は泣きながら家を飛び出しました」

その後は、互いに1年間も連絡を取らなかったそうだが、
「意を決し、私からビョンホンさんに電話を入れました。『ビョンホン兄さんは、私と二度と会わずに生きていくつもりですか? 私には兄さんが必要です!』とね……」
派手なケンカをしても、心は必ず通じるもの。その一件があったからこそ、2人はかけがえのない友情を手に入れることができたのかもしれない。だが、冷え切った男女関係の修復は少々やっかいだ。
「韓国では、男女間のケンカの仲裁役を双方共通の知人が買って出るケースが多いですね。かつてソ・ジソブ(31)は、恋人との関係が険悪になっていたパク・ヨンハ(31)のために、ひと肌脱いだことがあるそうです」(前出・記者)
といっても、これは10年以上前の話。ヨンハは、当時の様子をこう語っている。
「ジソブは私と彼女を喫茶店に呼び出し、2人がよりを戻すよう懸命に説得してくれました。ふだんは決して冗談を言わない彼が、その場の空気を和まそうと頑張ってくれている姿を見て、とても感動したことを覚えています」(韓国誌のインタビューより)
ジソブの努力の甲斐むなしく、ヨンハは恋人と破局を迎えたが、この一件でさらに男同士の友情が深まったようだ。

キム・スンウ VS ナムジュ「夫婦ゲンカの仲裁はチャン・ドンゴン」

“夫婦喧嘩は犬も食わない”と言うが、キム・スンウ(40)&ナムジュ(38)夫妻は “家庭内バトル”の様子を韓国メディアで明かしている。
「彼女は意外と大ざっぱな性格なんです(笑)。私が、彼女に部屋の整理整頓を心がけるよう注意したことがきっかけでケンカになったこともあります」(KBS・トーク番組『想像プラス』より)
と、夫のスンウが言えば、
「2人がケンカをしたとき、間に入って“メッセンジャー”的な役割をしてくれるのが、共通の友人であるチャン・ドンゴンさん(37)なんです。 実は結婚前、私が主人のご両親にご挨拶に伺う約束をうっかり忘れてしまい、婚約解消の危機を迎えたことがありました。そのときも、助けてくれたのがドンゴンさん。 主人と2人で、『結婚できたのは彼の助けが大きい』と話しているほどです」(韓国誌『女性中央』インタビュー)
まさに、ドンゴンあっての“おしどり夫婦”なのだ。
芸能人カップルのヨン・ジョンフン(30)とハン・ガイン(27)夫妻は、’05年の結婚会見で、こんなエピソードを披露。
「交際中もケンカはしましたが、必ずその日のうちに解決するよう努力してきました」
早く仲直りをする秘訣は、
「自分が悪いと感じたら、とにかく熱心に謝ること」だそうで、結婚後もこのルールを厳守していると言う。
昨年末、公開の主演映画『スピードスキャンダル』が800万人の動員を記録したチャ
・テヒョン(33)は、
「13年間の交際期間中、奥さんとは何度も大きなケンカをしました。『今度こそ、本当に彼女とは終わりかもしれない』と思うことがありましたが、そのたびに必ず自分が先に謝って、彼女もそれを素直に受け入れてくれました
と、韓国メディアのインタビューで語っている。
“ケンカをするほど仲がよい”と言うもんね!

「ヨン様」HOT通信 アニメ「冬ソナ」でジウ姫とー 9月来日イベントを先行詳報!


9月29日と30日の2日間、東京ドームでの来日イベントを控えているヨン様(36)。
「最近は韓国のガイド本『韓国の美』(仮)の打ち合わせや編集作業のため、事務所や自宅にこもることが多いようです」(韓国紙記者)
さらにアニメ『冬のソナタ』の2回目のアテレコもある。
「編集作業で多忙で、ヨンジュンさんは美容院に行く暇も惜しんで、台本読みも両立させているようです」(関係者)
ファンとの再会を控え、急ピッチで仕事を進めているようだ。29日のアニメ『冬のソナタ?もうひとつの物語?』イベントでは、ヨン様の親友リュ・スンス(37)も出演する。
「さらに『冬のソナタ』(’02年KBS)以来7年ぶりに、ジウ姫(34)との再会も決定しています。“運命の再会”をどのような演出にするのか、主催者側もアイデアを模索中のようです」(関係者)
久々の朗報に、梅雨のだるさも吹っ飛びそう!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング