韓流STAR11人が打ち明けた「夏のバカンス」思い出秘話

投稿日: 2009年07月28日 00:00 JST

夏のバカンスにはSTARの思い出が詰まっていた!

海へ山へ海外へ。今年の夏休み、旅行を計画している方も多いハズ。そこで、今週の
「韓ナビ!」は、STAR11人の“夏旅秘話”を大公開!

まずは、現在日本で放送中の主演ドラマ『スポットライト』(NHK総合)が好調なソン・イェジン(27)。
「高校2年の夏休み、修学旅行で雪岳山に登ったんです。仲のいいクラスメートと、鞄に缶ビールを忍ばせて出かけたのですが、担任の先生に見つかってしまって……」
と、旅の“赤面エピソード”を韓国紙に語った彼女。さて、その顚末は⁉
先生に呼び出されて大目玉を食った私たちは、大泣き状態でした。すると先生が、
『今日だけは特別に大目に見よう』と、コップに1杯ずつビールを注いでくれたんです。たった1杯ですが、顔が真っ赤になってしまいました
(笑)」
はじめて飲んだビールのほろ苦さと、先生の粋な計らいは、今でも忘れられない貴重な思い出となっているそうだ。

主演ドラマ『一枝梅』が現在、テレビ東京系で放送中のイ・ジュンギ(27)は、同ドラマ撮影終了後の昨年8月、休暇を取ってサイパンへ。
サイパン旅行に来ていた韓国人ファミリーから声をかけられ、小学生の男の子にサインを求められたんです。色紙に自分の名前を書くと
『“イ・ジュンギじゃなくて(ドラマ主人公の)“一枝梅”と書いてくださいと言われてしまいました(笑)」
ジュンギにとっても、旅先で“一枝梅”に出会った少年にとっても、忘れられない夏旅のひとコマとなったようだ。

夏休みをビーチリゾートで過ごすSTARも多い。
ヨン様(36)は、一昨年の夏休みをドラマ『太王四神記』ロケ地、済州島で過ごした。多忙な撮影の合間に海で花火をするなどスタッフとともに短い夏休みを楽しんだという。

今月5日、東京ドームで来日公演のファイナルを迎えた東方神起のユンホ(23)も、済州島がお気に入りのようだ。
夏の思い出といえば、小学5、6年生のときに、家族と行った済州島旅行。実はそこで、とても素敵な日本人女性に心を引かれまして……
と韓国のバラエティ番組で語った彼。ちょっと“おませ”なユンホ少年は、身ぶり手ぶりで彼女に話しかけ、
一緒に乗馬をして楽しいひと時を過ごしました(笑)」

同じく東方神起のジュンス(22)は、数年前の夏休みに
家族旅行で釣りをした」ことが思い出深いと言う。

現在兵役中のコン・ユ(30)は’07年の夏、入隊記念旅行で済州島へ。ところが―。
「済州国際空港で女優のイム・スジョン(29)とのツーショット写真を撮られ、“大物カップル誕生”と大騒ぎになりました」(韓国・女性誌記者)
のちに彼の所属事務所は、
「ほかにも複数の友人が同行していた」ことを明かし、2人の交際を否定。済州島への記念旅行は、コン・ユにとって、ある意味忘れられない夏の思い出になったようだ。

8月に東京と大阪でジャパンツアーを行うアン・ジェウク(37)は、昨夏、米国と欧州各国を巡る長旅に出た。
「’08年放送のドラマ『愛してる』(SBS)の視聴率の低迷に大きなショックを受けて、“傷心旅行”に出たそうです」(前出・記者)
ジェウク自身も、韓国メディアの取材にこう語っている。
帰国後、丸刈りに無精ひげ、真っ黒に日焼けした私を見て、
『ジェウクにいったい何があったのか』と騒ぐメディアもありました。実は、パリの美容室で言葉が通じず、『店員さんと同じスタイルにしてください』と言ったために、丸刈りになってしまったというのが真相なのですが
(笑)」
が、この“イメチェン”はあまりに不評だったため、「二度と丸刈りにしないと心に決めている」(本人談)のだとか。

今月末、新作映画『海雲台』が公開されるハ・ジウォン(30)は、’05年の夏休みを利用して、約2カ月間ニュージーランドに滞在。
本来は現地の大学で語学研修を受ける予定でしたが、授業中、私にサインや写真を求める韓国人留学生が続出したため、大学から追い出されてしまったんです(笑)」
当時の記者会見でそう語った彼女。予定を変更して1人旅をしたことにより、
「異国の海や星空を見て、多くのことを学べました」

昨年の夏休みを日本で過ごしたのはRain(27)。
人気グループ『コヨーテ』のベッカ(28)と数日間、日本に滞在したそうです。
旅の途中、写真家としても活躍するベッカにふざけて脱がされてしまい、ヌード写真を撮られてしまったそうですよ
」(前出・記者)

韓国の幼児雑誌の取材に、夏休みの“家出体験”を語ったのはヒョンビン(26)。
「中学生時代の夏休み、親に無断で友人宅に泊まり込んだことがあるんです。特に理由はなく、単に外泊をしてみたかっただけなのですが……」
結局、心配した友人がヒョンビンの母親に通報。ひと夏の“ひとりスタンドバイミー”を終え帰宅した彼は、母親に「こってり絞られた」そうだ。

パク・ヨンハ(31)は、主演のKBSドラマ『ザ・スリングショット〜男の物語〜』が最終回を迎えた直後の先月12日から、2泊3日の日程で初夏の釜山旅行を企画。
共演者や撮影スタッフとともに、少し早めの夏休みを満喫したという。
とはいえ、ヨンハさんは、『撮影で大変な思いをしたスタッフのための旅行だから』と、ソウルから釜山までみずから運転を担当。朝は誰よりも早く起きて食堂を 探したり、昼食のバーベキュー食材をスーパーに買い出しに行くなど、ゆっくり休む間もなかったようです」(ドラマ関係者)
現地ではサッカー大会などスポーツイベントも開催され、「スタッフにとっても生涯忘れられない “夏旅”となりました」(前出・関係者)
夏のバカンスにはSTARの思い出が詰まっていた!

 

 

ヨン様 HOT通信 アニメ『冬ソナ』でアテレコ秘話。現場の盛り上げ役は「あの人」!

「サンヒョク役のカン・ヨファン(28)とチェリン役のイ・セナ(27)は、20回もドラマ版を繰り返し見て、役柄を叩き込んだそうです」(韓国紙記者)
アニメ『冬のソナタ』の製作は順調で、ヨン様(36)&ジウ姫(34)の主演以外のキャストも大盛り上がり。
なかでもドラマ版から引き続き出演のリュ・スンス(37)は、現場のムードメーカー。
演技経験豊富なスンスさんだからこそできるアドリブで、現場を盛り上げています」(関係者)
おかげでスタッフの士気も高まっているとか。
昨年末のイベント『家族と迎えるクリスマス―離れていても―』では、衛星生中継でヨン様と肩を並べて、親しい仲を見せていたスンス。
9月29日の東京ドームでのイベント『アニメ「冬のソナタ」〜もうひとつの物語〜』でもスンスは来日する。ヨン様とともにどんなアドリブを披露してくれるか楽しみ!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング