「韓国のAKB48」は彼女たち!ただ今ブレイク中「韓流女性アイドル」TOP5名鑑

投稿日: 2010年02月16日 00:00 JST

2月3日、第19回ソウル歌謡大賞の授賞式で少女時代が大賞・本賞・デジタル音源賞の3冠に輝いた。
『少女時代』は、韓国で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの女性アイドル・グループだ。
「第1期は’90年代後半、第2期は’00年代初めに、そして昨年から今年にかけて、K-POP女性アイドルの第3期ブームが到来しました。
その火付け役となったのが、
’07年デビューの9人組『少女時代』。同じ事務所でもある東方神起の妹的存在です

と、K-POPナビゲーターの古家正亨さんが語るように、今、平均年齢10代という女性グループが花盛り!
今回の「韓ナビ!」では、ブレイク中の女性アイドル5組を徹底ガイド!
『少女時代』は透明感と新鮮さのある、典型的な正統派アイドル。“隣のお姉さん”的な親近感も、ブレイクに一役買ったようです。
9人組という大所帯は、韓国の女性アイドルでは初めて。モーニング娘。のケースを輸入して成功したようです

と語るのは、音楽番組でVJ(ビデオ・ジョッキー)経験もある、K-POPライターの酒井美絵子さん。
かわいさをウリにはしていますが、全員170㌢以上の長身で、バービー人形のような存在なんですよ」(古家氏)
昨年のヒット曲『Gee』では、その美脚を生かした“ケダリ・チュム”(カニ足ダンス)で、ファンを引き付けた。
女性グループの人気を左右するのがチュム(ダンス)なんです。○○ダンスと呼ばれるようなキャッチーなダンスこそが、強力なアピールポイントなんですよ
韓国人が大好きなカラオケで、誰もが踊れる、わかりやすいダンスが好まれますね」(酒井さん)
『少女時代』の“好敵手”となっているのが、5人組の『Wonder Girls(ワンダーガールズ)』。全身をくねくねする“テルミー・チュム”や“レトロ・チュム”で大ブレイクした。
「10代のファンが、自分たちでテルミー・チュムを踊り、その映像を、動画投稿サイトに載せて競い合っていました。
韓国で動画投稿サイトの人気を後押ししたのは、彼女たちなんですよ」(古家さん)
実は、デビュー当時の彼女たちは、R&Bをじっくり聴かせる実力派だった。それが、アイドル路線に転向後、大ヒット。昨年には北米に進出し、アメリカンドリームももうすぐ。しかしそこまでの道のりは険しかった。
「’07年にはソヒ(17)がバイク事故に。一昨年には、メンバーが乗っていたタクシー運転手が死亡する事故も起こりました」(酒井さん)
この2組の後を追うのが、5人組の『KARA(カラ)』。ここで紹介する他グループに先駆けて、2月7日には初の来日コンサートを開催。
彼女たちのトレードマークともなった“オンドンイ(お尻)・チュム”で、華麗なる日本デビューを果たした。
『KARA』の日本での知名度を上げたのが、劇団ひとりさん(33)。“大ファン”である劇団ひとりさんがバラエティ番組で彼女たちをたびたび、紹介したので、口コミで広がったようです」(古家さん)

10代のカリスマ、女性版『BIGBANG』

古家さんも酒井さんも「かわいらしさをアピールする『KARA』が、最も日本のアイドルに近い」と共通意見。
「キャラ的に『AKB48』に似ていますね。特にアキバ系男子のファンが多いんですよ」
と酒井さんは言う。
そんな最もホットなメンバーから本誌に生の声が届いた。
「親しみやすさがあるようで、みなさんに応援していただいていると思います」
多忙ななかでの健康の秘訣は、スンヨン(21)、ハラ(19)、ジヨン(16)の3人が、「睡眠」。ギュリ(21)は「健康補助食品と簡単な運動」。ニコル(18)が「有酸素運動」。
オフの日は「読書や映画鑑賞」「睡眠」「食べ歩き」「ショッピング」「学校へ行く」など多様だが団結は固いようだ。
寄宿舎生活なので、いつでもどこでもメンバーと一緒です。ショッピングに出かけたり、夜遅くまで話しこんだり、仲よく過ごしています。
仕事以外には、メンバー全員で一緒に旅行に行ってみたいです! みんなで行ったら絶対、面白いと思うから!

最後に本誌読者にメッセージを送ってくれた。
今後も多くの活動ができるように常に努力し続ける『KARA』でありたいです。愛情を持って見守ってください
2NE1(トゥーエニーワン)』は、5組のなかで最もアーチスト志向。
歌って踊れるヒップホップ系の実力派で、女性版『BIGBANG』というスタンスです。10代女性のカリスマ的な存在なんですよ
と前出・古家さん。
男に媚びない姿で、最も女性ファンを獲得しているグループでしょう。メンバーのCL(シエル/18)は英語、フランス語も堪能な語学通。フィリピンでアイドル経験もあるサンダラ(25)はタガログ語も話せる、グローバルなグループですね」(酒井さん)
最後の5組目『T-ara(ティアラ)』は、ほかのグループに対抗心メラメラ!
「同じ所属事務所の『Davichi(ダビチ)』『SeeYa(シーヤ)』と、それぞれ期間
限定ユニットを組みました。そのときのユニット名と曲名が『女性時代』と『ワンダーウ
ーマン』という、先の2組を“連想”させる名前だったため、衝撃的でした」(古家さん)
その半面、ラブソングに限らず、20代女性への応援歌的な歌詞を歌い、女性ファンの心もうまくキャッチ。ただ、STARの道に近道なし。
全員、各事務所の合宿所で、厳しいレッスンを重ねてやっとデビューした、叩き上げなんです」(古家さん)
日本でブレイクするのはどのユニットになるか注目!

ヨン様 HOT通信 〝実写化〟最終回はどうなる!?アニメ『冬ソナ』ジウ姫との再共演秘話

年が明けてもヨン様(37)チェ・ジウさん(34)は、アテレコに励んでいますよ。
心配されていたヨン様の体調も今や全快で、とても元気です
」(仕事関係者)
「スカパー!」のDATVで放映中のアニメ『冬のソナタ』の制作は着々と進行しているようだ。
「現在のアテレコは、放映回単位ではなく、アニメーションが完成するたびに、場面ごとの細かい単位で進めています」(映像関係者)
最終回は、ヨン様とジウ姫が実写で“共演”という感動のフィナーレが用意されている。ドラマ版では、チュンサンとユジンが別れたシーンで終わったけど、今回は?
「実はまだどんなラストになるのか、決まっていないんです。内部で打ち合わせを重ねているところで、ヨン様もアイデアを出しているんですよ」(前出の仕事関係者)
家族が期待するユジンのウエディングドレス姿になるのだろうか!? 期待大!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング