東方神起を生んだSMエンターテインメント「STAR養成システム」10の秘密!

投稿日: 2010年02月23日 00:00 JST

今週の「韓ナビ!」は、韓国芸能界でデビュー前に存在する“練習生システム”を大研究。そ の草分けといえるのが、東方神起やBoAなどを輩出した韓国の大手芸能プロダクション「SMエンター テインメント」(以下SM社)。
’95年の設立以降、続々と人気アーティストを誕生させたSM社の練習生システム“トップアイドル養成 術”とは!?
「練習生システムやレッスンに関する質問は数多くいただきますが、『いっさい非公開』という会社の方針上、取材にはお答えできません」(SM社キャスティ ング担当)
そこで本誌は内部事情に詳しい関係者たちを取材。養成術の秘密⑩を大解剖!

① 毎週土曜日にソウルでオーディション
『スポーツ朝鮮』のチョン・ギョンヒ記者は言う。
「練習生になるためには、毎週土曜にソウルで開かれるオーディションを勝ち抜かなければなりません。オーディションは、歌、ダンス、演技など6分野に分かれており、毎回300人以上が参加します」
② 東方神起・ユンホは裸足ダンスで合格!
’06年からは、韓国のほかアメリカやアジアなど世界15カ国で「グローバルオーディション」を開催。SM社は国籍や年齢を問わず、優秀な人材の発掘に力を注いでいる。
「東方神起のユンホ(24)は、
’00年のオーディション『ダンス部門』で高得点をマークし、見事、練習生として採用されました。当日、ある審査員が『ほかのダンスも見たい』とリクエストしたところ、彼は『裸足で踊ってもいいですか?』と言って情熱的な踊りを披露。それが合格につながったそうです」(チョン記者)
③ イ・ジュンギも落選するほどの難関
あのイ・ジュンギ(27)も
「ダンスに興味があり、SM社のオーディションを何度も受けたがすべて落ちて諦めた」と韓国メディアで告白したことが。晴れて練習生となり、SM社と専属契約を結ぶと、同社の付近にある「宿舎」での合宿生活がスタートする。
④ 学生生活と芸能活動の両立に理解のある学校が近くに
「学生の場合は、宿舎近くの私立『清潭中学』や『清潭高校』に通いながら、日夜レッスンに明け暮れます。両校はSM社の練習生に限って遅刻や欠席も大目に見ていますし、服装、ヘアスタイルなどにも寛大です」(韓国・芸能関係者)
⑤ 宿舎代、レッスン費用、食費はすべて事務所負担
基本的に練習生が自宅に戻れるのは週末のみ。ただし契約内容によっては“特例”も。
東方神起のユチョン(23)の場合は、両親が『宿舎に入らないこと』を芸能界入りの条件としたため、レッスンには自宅から通っていました。
またチャンミン(21)も転校せず地元の学校に通学しており、デビュー直前まで毎晩、英語や数学の塾にも通っていたそうです
」(前出の関係者)
宿舎代や、レッスン費用、ひと月に2千500万ウォン(約193
万7千円)にのぼる在籍練習生たちの食事代などの諸経費はSM社がすべて負担。ただし、
「デビュー後は宿舎代、マネージャーやコーディネーター費をアーティストが負担するようです」(韓国・音楽関係者)

新人開発担当者とカリキュラムを作成!

⑥ デビューまでの練習生の平均訓練期間は約5年間
デビューまでの平均は5年。
「短い人で1〜2年、長い人は7年以上の下積み生活を送ります。この間、私生活はSM社の監督下に置かれ、自身のブログやHPを開設することもNGとなりますが、ジュンス(23)は練習生時代、双子の兄の名前を使ってこっそりHPを開設していました(笑)」(前出・音楽関係者)
⑦ 週5回レッスンでテスト&数々の罰則も!
10代前半から親元を離れて生活する練習生も多いため、大切な子どもたちを預かる立場のSM社は、厳格な生活指導を行っているようだ。
「無断外泊や異性交遊、飲酒はもってのほか。発覚した場合は会議にかけられ、解雇になるケースも」(音楽関係者)
練習生は週に5日間レッスンを受け、その成果を毎週テストでチェックされる。
「練習生にはタイムカードが与えられ練習時間を細かくチェックされています。レッスンに遅刻したり、ルール違反した場合の罰則も厳しく定められています」(音楽関係者)
⑧ カリキュラムには外国語教育が組み入れられている
SM社の本社ビルには、レッスン室のほかトレーニングルームや各種スタジオも完備。
ここで彼らは、ボーカル、ダンス、演技、外国語、体力トレーニングなど、さまざまなカリキュラムをこなしている。
「カリキュラムは新人開発担当者とともに決められ、それぞれの個性と適性に従った内容で構成されます。外国語は必須科目です」(音楽関係者)
⑨ ステージ映えする特殊トレーニングを実施
レッスンには、SM社専属の作曲家のほか、ボイストレーナーや振付師が講師陣として参加。さらに、「パフォーミング・ディレクターシステム」と呼ばれるSM社独自のレッスンも導入されている。
「これは、アーティストがステージに立ったときの表情を細かく指導するレッスンです。
彼らは全体の動きを常に掌握し、見せ方を計算しつくしたうえでステージに立っているのです」(芸能関係者)
⑩ 練習生同士の“夢のユニット”が存在していた
だが、練習生全員が必ずしもデビューを確約されているわけではない。デビューできない練習生たちは、他事務所に移籍、またはSM社のトレーナーとして会社に残る者も。
年に1度開かれる発表会では外部審査員も加わり、日ごろのレッスンの成果を披露。
練習生同士でグループを作ってダンスや演技を披露します。東方神起のユンホは発表会が近づくと、後輩練習生だったユチョンやチャンミン、スーパージュニアのヒチョル(26)に踊りを指導していました」(前出の芸能関係者)
ちなみに東方神起のジェジュン(24)とユンホ、スーパージュニアのヒチョルとカンイン(25)は、練習生時代に『4season』というユニットで活動していた時期がある
「彼らは明け方まで練習に没頭する日もあり、いつもお腹を空かせていました。ある日、ヒチョルがなけなしのお小遣いで買ってきたハンバーガーをジェジュンが勝手に食べてしまい、それが原因で1年も口を利かなかったことがあるそうです(笑)」(芸能関係者)
濃密な練習生時代の経験は、彼らにとってかけがえのない財産といえるだろう。

K★STAR LOVERS 好評販売中!

ヨン様 HOT通信 母へ愛のバレンタイン― 旧正月で実家帰省の親孝行!

ヨンジュンさんも今年の旧正月は、ご両親と一緒に過ごすのではないかと思います
と、自らのブログ書いていたのは、ヨン様(37)の“側近”であるBOF理事ヤン・グンファンさん。
1年前のヨン様は、『韓国の美をたどる旅』の撮影の真っ最中。韓国全土を行脚していたが、旧正月(ソルラル)だけは家族と一緒だったという。
今年の旧正月は、時期的にバレンタインデーと重なったため、家族水入らずの“親孝行”スイート・タイムを過ごしたようだ。
気になる次回作については、ヤンさんは《慎重に検討中》と同ブログで綴っていた。
3月には、ジウ姫(34)と共演のアニメ『冬のソナタ』最終話のエンディング・シーンのロケも控えている。
ロケの見学に訪れる家族のために、一層役作りに力を入れているようです」(関係者)
家族(両親)からの愛を受けたヨン様、次は家族(ファン)へ愛を捧げる︱。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング