「大王四神記」必見ポイント『7』公開 (平成19年 12/11 2332号)

投稿日: 2008年03月14日 00:00 JST

韓国で視聴率30%をキープする人気を誇るヨン様主演『太王四神記』が待望の日本放送スタート。ドラマの早わかりガイドから最新収録秘話まで一挙にお届け~!

「ドラマの放送前の問い合わせとしては、過去最高の400件のメールが届いています。
アメリカのドラマでも届くのは10件ほど。ほかの韓流作品でも30件あればよいほうなので、異例の数字ですよ」(NHK『太王四神記』プロデューサー・小川純子さん)
12月3日からいよいよNHK・BSハイビジョンで放送が始まるペ・ヨンジュン(35)主演ドラマ『太王四神記』(毎週月曜日22時~)。
日本放送スタートへの期待の大きさを証明するように、NHK・BSデジタルの普及台数は10月末時点で約3千万台にまで跳ね上がった。
そこで本誌はコレだけはハズせない「7つの見どころポイント」を先どりチェック!
・『太王四神記』は2つの時代を描いている
ドラマの舞台は中国東北部から朝鮮半島に存在した高句麗。この国の人々は、長い間、自分たちが神の国・チュシンの末裔であると信じ、約束された王を待っていた。そしてある晩、チュシンの王の誕生を告げる星が夜空に輝いた。同じ日に王家に生まれた2人の男の子。チュシンの王を守るべく、眠りから覚めた四神(アジアの古代思想で、それぞれ東西南北をつかさどる守護神のこと)たち―。
チュシンの王の星のもとに生まれたタムドク(ヨン様)が、数々の困難を乗り越え、四神の神器とその守り神を探し当て、真の王へと成長する物語だ。
ヨン様演じるタムドクのモデルは、日本では好太王の名でも知られる、高句麗の第19代王・広開土大王(在位391~412)。高句麗の領土を最大規模に拡大した実在の人物だ。
ストーリーは、神話時代と高句麗時代、2つの話に分かれて進行。放送上は第1話が神話時代、2話目以降が高句麗時代の話となる。
「私も最初はなぜ神話時代の話があるのか飲み込めませんでした。ですが、神話時代には高句麗時代に続く伏線が隠されています。2話以降が、もっと面白いと思います」(小川さん)

<王道の三角関係がドラマの軸に―>
・基本の3人は「一人二役」。ドラマの軸は“三角関係”
ヨン様が神話時代で、チュシンを建国した神の子・ファヌン、そして高句麗時代にはタムドクを演じている。同様にメインキャストである2人の女優、ムン・ソリ(33)とイ・ジア(26)も時代ごとに二役を演じている。
「『冬ソナ』でもそうだったように、このドラマのメインテーマは三角関係なんです。韓流ドラマの王道ですね」(小川さん)
三角関係は、すでに神話時代から。神の子ファヌン(ヨン様)に虎族の巫女カジン(ムン・ソリ)が恋心を抱くが、ファヌンが選んだのは、なんと人間の女性セオ(イ・ジア)。これが悲劇の始まりに。2人は間もなく子どもを授かるが、カジンは嫉妬のあまりその子を殺そうとする。絶望したセオは荒れ狂う黒朱雀に化身。平和だったチュシンを焼き尽くす……。
そして第2話以降は、高句麗時代に輪廻転生した3人が運命に翻弄される恋愛バトルを繰り広げることに―。
少年時代のタムドクは虎族の末裔、火天会の巫女となるキハ(ムン・ソリ)と出会う。彼女が初恋の女性になる。タムドクは青年になると、宮殿を抜け出して遊び歩く時期があった。ある日、賭場でスリを働く少女スジニ(イ・ジア)と出会い、好意を抱くようになる。そこへキハを愛し、タムドクと王位を争う政敵にもなる最大のライバル、ヨン・ホゲ(ユン・テヨン)も加わり、恋愛バトルはより複雑に!
・韓流ドラマの定番“生き別れの姉妹”の設定が!
実は、タムドクを巡って熱い火花を繰り広げる女性2人キハとスジニは、実の姉妹だったことが明らかになる。
火天会が神器を求め村を攻める戦乱のさなか、姉妹の両親は惨殺される。姉のキハは拉致されてしまうが、妹・スジニはかろうじて助かり、姉妹は離れ離れになってしまう。魔術によって記憶をなくすキハ。別々の人生を歩み、敵同士となってしまう2人。真実を知る日は来るのか―。
・タムドク役のヨン様は、第4話から登場
2話から4話の途中までは主要キャストもそれぞれ3人の子役が演じる。タムドク役のヨン様が登場するのは第4話の中盤から。5話からは凜々しい姿が目白押しだ。「陰謀のなかで闘いながら、王となる運命を背負っているのがタムドク。武術に長けて人々にも愛されるカリスマ・タムドクを、ペ・ヨンジュンさんは演じきっています」と前出・小川さん。
「ヨンジュンさんはふだんは物腰の柔らかい方ですが、今回のドラマは猛々しいペ・ヨンジュンが見られます。馬に乗ったり、激しい殺陣シーンなど、これまで彼が演じた作品のなかで最もアクションシーンが多いでしょう」
・実際の激しい収録現場の模様を共演者が告白!
本誌は出演者、ソン・キィヒョンさんに韓国で話を聞くことができた。見どころは?
「このドラマは高句麗の建国神話をわかりやすく仕立てたものです。正確に言うと歴史ドラマというよりはファンタジー。済州島のセット場のスケールはすごいし、完成度もとても高い。映像美にも注目してほしいです」(ソンさん)
・映画館でも同時公開
BSハイビジョンが見られない方でも、12月4日から、毎週火曜日に1話ずつ以下の全国10館で上映。東京/新宿バルト9、T・ジョイ大泉、千葉/XYZシネマズ蘇我、シネマイクスピアリ、神奈川/川崎チネチッタ、愛知/109シネマズ名古屋、京都/MOVIX京都、大阪/梅田ブルク7、広島/広島バルト11、福岡/T・ジョイリバーウォーク北九州。1話1千200円。
・放送は全話ノーカット!
「第1話は65分30秒。回によって時間は違いますが、1話あたり60分前後です。
実際に私が見たのは15話まで。最終回の台本を私はまだ見ていませんが、NHKハイビジョンでの放映は今のところ、韓国放映とまったく同じものを放映します」(小川さん)
“1話1億円”とも報じられた気になる放映権料についは「具体的な金額は申し上げられませんが、海外ドラマとしては普通の金額です。『冬ソナ』よりは高いですがハリウッド作品、たとえば『ER』よりは安いですね」という。
この7ポイントの予習でドラマがさらに楽しめるはず!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング