韓流ドラマ「あの名子役」10人のいま! (平成20年 2/19 2340号)

投稿日: 2008年03月22日 00:00 JST

韓流ドラマには欠かせない、オンエア初期に登場するメインキャストの幼少時代。思い出深い子役たちの「いま」&子役最新事情を現地・韓国で大追跡!

愛らしい笑顔や大人顔負けの演技力で、韓流ドラマや映画に花を添える子役たち―。
今回の『韓ナビ!』では、あの名作に出演した“名子役たち10人の今”を追ってみた。さらに、韓国の子役事情もレッツ・スタディ~。
まずは、2人に突撃インタビューを敢行!「リアリティを出すために、献血シーンでは本当に献血したんです。人の役にも立てて、嬉しかったです(笑)」と『プラハの恋人』のロケ当時のイタ~い秘話を明かすのは、チャン・グンソク(20)。同作でチョン・ドヨン(34)の12歳年下の弟を演じた彼も、今や若手の注目株に成長した。日本映画『着信アリFinal』にも出演した。今年元旦には、映画『待ちくたびれて』も公開。現在放映中のドラマ『快刀 洪吉童(ホン・ギルドン)』も回を追うごとに視聴率も上がり、波に乗る韓国の“旬”のオトコ。「ドヨン姉さんは、いつも応援してくれます。カンヌの主演女優賞、結婚とおめでた続きで、“弟”の僕も嬉しいです」
グンソクは、漢陽大学演劇映画学科の2年生。週4日間、午前中に授業がある。「学業と俳優業の両立は大変な部分もあります。でも、僕にとって辛いこと=楽しいこと。役者という仕事が好きですから。将来は、ジェームズ・ディーンのように、純粋で情熱的で、責任感のある俳優になりたいです」
二足のわらじを履く彼にとって、健康管理は大切。
“時間があれば有酸素運動” “お米より肉類と野菜中心の食生活” “夜遅くに食べない”などを心がけているという。アウトドア派で、マウンテン・バイク、サーフィン、インライン・スケートなど乗り物系が得意なのだとか。「明け方、カメラを持って、車で遠くにドライブに行くこともあるんですよ。ドラマがクランクアップしたら、どこかへ行きたいですね」
助手席に乗せるコは? 「いないんですよ。理想のタイプは、人生と文化に教養のあるおしとやかな女性。一生そばにいたいと思える女性と出会ったら結婚したいです」2月23日には、ウェルシティ東京(東京厚生年金会館)で、初の日本ファン集会も!「今後は日本のファンの方たちとも、お目にかかる機会ができると思います。ぜひ応援してください!」
続いてペク・ソンヒョン(19)が本誌に登場。『天国の階段』で、クォン・サンウ(31)の子供時代を演じた。「今は、中央大学メディア映像学科に在学中です! 勉強も大変ですが、同期の友達と楽しいキャンパス・ライフを送っていますよ」とフレッシュさはそのまま。『天国の階段』での思い出は、パク・シネ(17)と一緒に、自転車で丘を下るシーン。「雨が降っているし、ブレーキも故障していて、照明用の発電機にぶつかったんです。今でも記憶に残っています」グンソク同様、イタい思い出が印象に残っているのは、子役の特徴なのかな
「肉体的、精神的に疲れてしまい、辛いと思ったこともありました。でも、僕の演技で、多くの方が泣いたり笑ったりしてくれると思ったら、俳優としての幸せを感じます」デビューから8年目の今年、ついに映画『初恋』で初主演。「格別な思い入れもあるけど、プレッシャーもあります。でも、僕のいろんな姿をお見せできたら嬉しいです。近いうちに日本でファンの皆様とお会いしたいです。たくさん応援してください
ソンヒョンのように、主人公の子供時代の役を演じることは、子役の飛躍のチャンス。「『悲しき恋歌』や『天国の階段』『秋の童話』のように、韓国ドラマの初回から数回は、主人公の子供時代に費やされる作品が多いんです。
ドラマ『ソドンヨ』のプロデューサー、ソン・ジウォン氏は、『主人公の幼いころを描くことによって、性格や成長の背景が、よりはっきりとわかるようになる』と、その理由を解説しています」(韓国ドラマ関係者)子役の選抜は、制作陣にとって重要な課題だという。
「視聴者の心に残りブレイクするので、競争率が激しいのも事実です」(前出の関係者)韓流ドラマにとって、“主人公の子供時代”は重要なのだ。
『秋の童話』のムン・グニョン(20)、『天国の階段』のイワン(24)は典型的な子役の成功例。グニョンは今年、5年ぶりにSBSの主演ドラマ『風の絵師』で復帰予定、イワンは1月に日本ファン400人を前に来日ファン集会を行い、キム・テヒ(27)との姉弟仲のよさを語っていた。
チョ・ジョンウン(11)も、『宮廷女官チャングムの誓い』でイ・ヨンエ(37)の子供時代を演じて大ブレイク。
「『チャングム』出演後から、テレビ番組に引っ張りだこ。
'06年には香港映画『超班寶寶(スーパーキッズ)』で主演に抜擢されました。昨年はSBS大河ドラマ『王と私』に出演するなど韓国ではすでに“未来の主演女優賞”との呼び声も高いんですよ」(韓国紙記者)
同じく『チャングム』で、ジョンウンのライバル、チェ・グミョンを演じたイ・セヨン(15)も要注目。今も、『威風堂々な彼女』『ラブリーライバル』『思いっきりハイキック』と出演を重ねている。
ユ・スンホ(14)は、将来のスターの座を約束されたも同然か。悲しき恋歌』ではサンウの、さらに『太王四神記』ではヨン様(35)の子供時代を演じるなど、エリートコースを歩んでいる。
ただ、昨秋、『朝鮮日報』では中学校で“イジメ”を受けていると告白している。
「正直に言えば、学校に行くと僕に嫌がらせをする人もいます。『たいしたことないのに、どうしてテレビに出ているんだ』というのは、よくあることで、もっとひどい悪口を言う人もいます。何気なく投げかける言葉かもしれませんが、僕にとっては大きな心の傷になります

人気ゆえの苦悩もあるよう。“天才子役”と言えば、パク・チビン(12)。
「チャ・インピョ(40)の息子役を演じたドラマ『完全なる愛』で火がつきました。演技力を見込まれ、『青春漫画』でサンウの子供時代の役に抜擢されました」(前出の記者)
'05年には映画『奇跡の夏』で初主演を果たし、ニュー・モントリオール国際映画祭で主演男優賞を受賞した。
映画『連理の枝』でジウ姫(32)の幼少期を演じたチョン・ダビンはまだ7歳。
「デビューは3歳のころ、『サーティーワン・アイスクリーム』のCMです。今ではドラマ以外に、バラエティ番組へも活動の場を広げています」
『ごめん、愛してる』でイム・スジョン(27)のしっかり者の妹を演じたチョン・ファヨン(17)は、昨年も映画『あなたを忘れない』などに出演してキャリアアップ中。
彼ら10人の子役はいわばサラブレッド。同じ子役出身ながらも、キム・レウォン(26)は苦労人だった。
「'99年に『男の香り』でキム・スンウ(38)の子供時代の役で映画デビューしたんですが、出世作に恵まれませんでした。ようやくSTARの仲間入りをしたのが、'03年の『屋根部屋のネコ』だったんです」(韓国ドラマ関係者)
激しい競争を勝ち抜いて、子役の座をむには、演技力が大事。将来のSTARを目指す子供たちの登竜門が、『MTMアカデミー』。“韓国版の劇団ひまわり”といえよう。
「'87年に設立され、'00年にはタレントを最も多く輩出した学校として、ギネスブックにも認定されました。
現在、韓国で活躍中の子役の80%が同校出身だと言われています
(ドラマ関係者)
ペク・ソンヒョンやユ・スンホも同スクール出身。ほかにも、カム・ウソン(37)、アン・ジェウク(36)、ソン・ユナ(34)、キム・ヒソン(30)、ソン・へギョ(25)らが巣立っていった。
次に子役からブレイクする次世代STARは誰かな?

K★STAR LOVERS 好評販売中!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング