韓流STAR16人(秘)告白-「実は私、コレが苦手なんです…」

投稿日: 2008年07月01日 00:00 JST

 「実は私、“高所恐怖症”なんです。これからも、サーカスがテーマの作品だけは、絶対にお断りするつもりです」そう言って笑うのは、ドラマ『チェオクの剣』や『』などで日本でもお馴染みのハ・ジウォン(28)。
 現在、新作映画『第7鉱区』の撮影でニュージーランドに滞在中の彼女。スポーツ万能で知られる“アクション女優”の意外な告白は、韓国の芸能マスコミでも話題となった。
 そこで今週の「韓ナビ!」は、韓流STAR16人の意外な“ウイークポイント”を徹底チェック。エピソード満載でお届けします!
 「高所恐怖症といえば、映画『王の男』のイ・ジュンギ(26)も有名です。映画『フライ・ダディ』でロッククライミングに挑戦した際は、『撮影前日は怖くて眠れなかった。撮影終了後も、足の震えが止まらなかった』そうです」(韓国の女性誌記者)
 このように、韓国の芸能マスコミでは、芸能人の○○“恐怖症”が話題となることもしばしば。前出の記者が続ける。
 「自身のブログで“舞台恐怖症”を告白したのは、イ・ビョンホン(37)です。彼は、'05年のカンヌ映画祭で舞台に立ったときの心境を、『私は大勢の人の前で挨拶をするのが大の苦手です。緊張のあまり手のひらに汗がにじみ、マイクを落とすのではないかと心配しました』とブログに綴り、メディアでも大きく報じられました」
 新作映画『双花店』を撮影中のチョ・インソン(26)も大の“あがり症”として有名。'07年の来日イベントでは、「一刻も早くステージを降りて漢方薬を飲み、気持ちを落ち着かせたいほど緊張しています」と語り、笑いを誘った。
 「彼らは大舞台にも慣れているはずですが、実は繊細な心の持ち主が多い。映画『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン(32)は、米国のラジオ放送出演時、過度の緊張で心拍数が急上昇。病院に運ばれたという笑えないエピソードがあります」(韓国の映画関係者)
 人見知りが激しいことで知られるのは、新作映画『田禹治』に主演が決定したカン・ドンウォン(27)。彼は、ある韓国メディアの取材に、「自分は“対人恐怖症”だから、これから軍隊に行くのが不安」と話している。
 過去の“トラウマ”が原因で、ある特定のものに苦手意識を持ってしまうケースも。
 前出のイ・ジュンギは、ドラマ『犬とオオカミの時間』の撮影でタイを訪問後、“川”を見るのも嫌になってしまったそう。前出の記者が語る。「ドラマの撮影で川に入るシーンがあったのですが、そこは人の物が浮いている、とても汚ない川だったんです。彼は仕方なく川に入りましたが、しばらくその光景が目に焼きついて離れなかった。川の水を飲む夢を見て、うなされる日が続いたそうです」
 幼いころの川遊びがトラウマとなり、“魚”が苦手になってしまったのは、ヒョンビン(25)主演の『彼らが住む世界』で4年ぶりにドラマ復帰するソン・ヘギョ(26)。「彼女が川遊びをしていたら、突然、魚が水着の中に飛び込んできたそうで、それ以来、魚を見るのも嫌だそうです(笑)」(韓国のドラマ関係者)
 ドラマ『オンエア』のPRで今月来日したソン・ユナ(25)は、水泳が大の苦手。「いわゆる“かなづち”ですが、ドラマでは、ユナが湖に落ちてれるシーンが登場します。共演のパク・ヨンハ(30)に助けてもらうまで、『生きた心地がしなかった』そうです」(前出・記者)
 そのヨンハは、かつて日本のバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演。人気コーナーの『食わず嫌い王』で、タイ料理の“トムヤムクン”が苦手ということを暴露された。「冷や汗をかくほど、パクチーの香りが苦手」(本人談)
 ちなみに、同コーナーにはこれまでクォン・サンウ(31)とチェ・ジウ(33)も登場。サンウは“ナス”が、ジウは“焼き鮭”と“納豆”が大嫌いだそうだ
 そのジウと映画『連理の枝』で共演したチョ・ハンソン(27)は、“鶏料理”が苦手。「幼いころ、鶏をシメる光景を目撃してしまい、その後鶏料理をいっさい口にしなくなったそうです」(前出・記者)
 また、今年3月に来日公演を果たしたアン・ジェウク(36)は“パン”が、ドラマ『宮』のチュ・ジフン(26)は“生牡蠣”“焼き魚”が苦手だという。「ジフンは牡蠣や魚の生臭さがたまらなく嫌だそうです。彼は“匂い”に敏感なタイプなようで、香水も大嫌い。『強い香水の匂いをぐと、頭痛がする』と話しています」(前出・ドラマ関係者)
 ジフンには、食べ物以外にも苦手なものがあるという。「実は彼、あの世代には珍しく、“パソコン音痴”なんです。'07年10月の来日イベントでは、舞台上で自身の公式サイトに書き込みをするコーナーがありましたが、なぜかログインに失敗。本人もかなりあせったようです(笑)」とは韓国のスポーツ紙記者。
 「機械ものが苦手という芸能人は多いんです。パク・ヨンハとドラマ『オンエア』で共演したタレントのイ・ボムス(38)は、メールを打つこともままならないのですが、電化製品が大好き。なぜか新型ノートパソコンを4台も所有しています(笑)」
 最後は、超大作ドラマ『風の国』の主演が決定したこの人、ソン・イルグク(36)。
「イルグクが苦手なのは“虫”。ドラマ『朱蒙』は山奥での撮影が多く、キャンプさながらの生活を強いられていました。
 王様を演じる彼は、気品を保つべく徹底して虫刺されの予防をしていましたが、蚊帳を張り忘れて虫に刺されてしまったことがあるんです。それ以来、虫の写真を見ただけで『鳥肌が立つ』ほどの嫌悪感を持つようになったそうです」(前出・ドラマ関係者)
 誰にでも弱点はあるもの。STARへの親近感もUP!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング