韓流STAR18人 スポーツ(秘)交友録&相関図

投稿日: 2008年10月14日 00:00 JST

 北京五輪のメダル総数で日本を上回り、アジアの“スポーツ大国”としての地位を固めた韓国。今回の五輪は、韓国人のスポーツブームを再燃させたといわれている。
「人気の野球やサッカーは競技人口も多く、芸能界にも多数のチームが存在しています。ふだん、あまり接点のない芸能人同士が、スポーツを通じて親交を深めるケースも少なくありません」(韓国紙記者)
 そこで今回の「韓ナビ!」は、スポーツを中心とした韓流STARの“相関関係”を徹底調査。最新のエピソード満載でお届けします!
 まずは、9月28日に女優のソン・テヨン(28)と挙式をしたクォン・サンウ(32)。彼が所属するサッカーチーム『フレンズ』には、パク・ヨンハ(31)をはじめ総勢70人の芸能人が名を連ねている。
「我々のチームも熱心に早朝練習をして、週末は一般の社会人チームと試合をしています」(フレンズ関係者)
 挙式の準備などで多忙を極めていたサンウは、近ごろほとんど顔を見せていないそうだが、オフには積極的に“朝練”にも参加していたという。
いずれは日本にも遠征し、『日本の芸能人チームと対戦したい』と話していました。
ヨンハさんは、いまでも頻繁に試合に参加しています

 サンウは結婚後、映画『私の愛、私のそばに』への出演が決定。ヨンハも6年ぶりの映画『作戦』に出演するため、
「今後は練習や試合のスケジュール調整が難しくなる」
 と関係者は話すが、日韓芸能人チームの親善試合が実現する日は近いかもしれない。
 別の芸能人サッカーチーム
『モドゥニタウン』でゴールキーパーとして活躍するのは、チョ・ハンソン(27)。

「彼は大学までサッカーの韓国代表を目指していただけに、チームでは中心的な存在です。多忙なメンバーが多いので、練習は不定期ですが、チームワークは抜群。練習後は必ず全員で食事をしています」(ハンソンのマネージャー)
 '04年の映画『オオカミの誘惑』で共演したカン・ドンウォン(27)とは、以前、同じチームに所属した仲だという。
年齢も近く非常に仲がいい。サッカーで汗を流すだけでなく、ドンウォンさんのご自宅で、サッカーのテレビゲームに興じることもあるようです(笑)」(前出・マネージャー)
 サッカーと人気を二分する野球も人気のスポーツ。'05年に結成された野球の『プレイボーイズ』は“ドリームチーム”として日本でも有名だ。
「今年1月にはグアムで巨人軍選抜チームと親善試合を行い19対8で『プレイボーイズ』の圧勝でした」(前出・記者)
 俳優のキム・スンウ(39)率いるチームには、チャン・ドンゴン(36)をはじめ、ヒョンビン(26)、チョ・インソン(27)、コン・ユ(29)、チ・ジニ(35)など超豪華メンバーがずらり。
「投手のドンゴンは、MAX130キロの速球を投げる“豪腕”として知られています。ドラマ『チャングム』で日本でもお馴染みのジニは、自宅でも毎日素振りを欠かさない “練習の虫”で、奥さんに、
『野球選手になるつもり?』と冷やかされているとか(笑)」(韓国のドラマ関係者)
 ヒョンビンなど若手も着実に力をつけているそうだが、
「メンバーがあまりに忙しく、試合に全員揃うことはほとんどありません。現在は、週末に一般の草野球チームと試合をしています」と広報担当者。
“ドリームチーム”ゆえの悩みといえそうだ。
 その『プレイボーイズ』と実力を競い合っているのが、アン・ジェウク(37)所属の野球チーム『チェミサマ』だ。
「ドンゴンの野球センスと剛速球にほれ込んだジェウクは、『ウチのチームにくれば即、主力で起用する』、『ユニホームを2着用意する』などと口説き、彼を『プレイボーイズ』から引き抜こうとしていました(笑)」(前出・記者)
 ドンゴンとジェウクは、ゴルフサークル『シングルボングル』のメンバーでもある。
 同ゴルフサークルには、映画『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン(32)も参加。
サークルは、芸能人同士の親睦を目的とした集まりで、月に一度は、郊外のゴルフ場でラウンドしています」(テヒョンのマネージャー)
 趣味が高じて、プロのカーレーサーとしても活躍するリュ・シウォン(35)は、ドラマ『パリの恋人』にも出演した俳優、イ・セチャン(38)率いる芸能人レーシングチーム『R-STARS』に所属。
 9月21日、韓国・京畿道のサーキットで開かれたレースのテスト走行中には、車が壁に激突するアクシデントに見舞われ会場を騒然とさせたが、幸い、大事には至らず、
「シウォンに怪我はなく、病院にも行かなかったようです」(韓国のスポーツ紙記者)
 この日、欠場となったシウォンに代わり、セチャン監督が本誌の取材に答えてくれた。
レース競技は70%以上出場しないと資格を剥奪されるので、芸能活動を優先させる人はチームに参加できません。
 当初は、芸能人チームとして厳しい目で見られていましたが、チームワークで乗り越え、優勝を狙えるレベルまで実力を上げてきました

 危険と隣り合わせのモータースポーツだけに、レーサー同士の結束力も固いと話す。
「シーズンオフは、スノーボードやダイビングをすることもあるようですね。集中力を高めるため、レーサー仲間で釣りをすることもあります
 釣りを好む芸能人は多く、キム・レウォン(27)もその一人。ドラマ関係者によると、
彼は時間さえあれば釣りをしています。愛車にカップラーメンを積み込み、同期の俳優と1週間の『釣り旅行』に出かけたこともあります
 前出のチョ・ハンソンも大の釣り好きで、ある韓国誌に
「焼酎を持参し、一人きりで虫の声を聞きながら釣りをするロマンは、何ものにも代えがたい」と語っている。
“自身との闘い”である『登山』を愛するのは、元祖CM女王のイ・ヒョリ(29)。600m級の山々は“朝めし前”で、週に3~4回登山することも。
ある日、自分より早く山を登る女性にライバル心を燃やし、必死で追い抜いたら女優のチョン・ジヒョン(26)だったというエピソードもあります」(韓国の女性誌記者)
 プロポーションの維持と健康のため、ウオーキングを続けているのは、カンヌ主演女優賞のチョン・ドヨン(35)。
「寒い日はロングコートに帽子とフェースマスク姿なので、警察に職務質問されることもあるとか(笑)」(前出の記者)
 韓流STARはそれぞれの“スポーツの秋”を満喫しているようだ。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング