'08年「韓国で人気の男女ター」BEST10

投稿日: 2008年12月16日 00:00 JST

 今年はヨン様が3年ぶりに来日して再びフィーバーを巻き起こしたり、東方神起が紅白に初出場するなど、日本でのいわゆる「韓流STAR」人気はまだまだ健在だ。
 そこで、今回の「韓ナビ!」では、韓国内で今、誰が本当に人気があるのかを大調査。韓国国民が選ぶ'08年の韓国俳優ランキング・ベスト10を一挙ご紹介!
「これはソウルおよび首都圏、釜山、大邱、光州、大田に住む満13~65歳の男女計1千301人を対象に調査したものです」
 と語るのは、人気ランキングを調査したマーケティング会社『リースPR調査研究所』。
 '72年創業という老舗で、'78年からこの人気調査を行っている。信頼のおけるデータだ。
「これらのランキングは、広告代理店や広告主、企業のマーケティング企画部署が必要としています。CMモデル選定時などに参考にされています
」(同社の担当者)
 さっそく、左ページの表を見ると、有名韓流STARが並ぶなか、あまり日本での知名度が高くない芸能人もいる。日韓の人気の違いを分析――。
全体的に高視聴率ドラマ、CM本数など、テレビでの露出が多い俳優ほど、順位が高い傾向にありますね。
 たとえば、ベテランで韓流STARとは言い難いチェ・ブラムさんがベスト10入りしたのはレウォン主演の『食客』出演があったからでしょう。
 ジンシルさんも話題作『私の生涯最高のスキャンダル』で脚光を浴びましたが、遺作となってしまいました
」(韓流ライターのイ・ミナさん)
 男性部門ではチャン・ドンゴンが1位。なんと'05年下半期からキープしている
「ドンゴンさんは、ニンテンドーDSの『脳トレ』や、SKテレコムの携帯電話など、数社のCMに出演していて、韓国では最も見る機会の多い俳優なんですよ」(イさん)
 日韓ともに、主演映画の『プロミス』『タイフーン』は大ヒットにはならなかったが、それくらいで人気が揺らぐことはない。国民的俳優なのだ。
 12月30日公開予定の『双花店』で、同性愛の役に挑戦したインソンは2位
「来年、入隊予定で動向が注目されたことが大きいのでは。CM本数もドンゴンに次ぐほどです」(イさん)
 上半期3位のソンギは、演技派俳優としての地位を確立している。日本の韓流ファンには少し意外な気がするかも
高齢者の票が集まったようですね。一昨年のスクリーン・クオーター(韓国映画の上映制度)縮小問題では、反対運動の中心的人物で、俳優からの人望も厚いんですよ。そういった点も韓国国民から尊敬されています」(イさん)
 下半期3位のサンウは、「ソン・テヨン(28)との結婚が後押しした」と、イさんは分析。ヨン様に関しては、ファンタジー作『太王四神記』が若年層の間でブレイクしたことが大きいと言う。
ペ・ヨンジュンさんのプロ意識の高さは尊敬します。
 また、どんなに疲れていても、ロケ地に詰めかけたファンには、いつも真摯に応対していましたね

 と本誌に『四月の雪』ロケ当時を振り返るのは、共演したソン・イェジン(26)。彼女は先月20日の青龍映画賞で、『妻が結婚した』で主演女優賞に輝いた。その翌日、都内で本誌の取材に応じてくれた。
「授賞式の夜は、遅くまで打ち上げがあって、帰宅したのは深夜2時半。翌朝7時に家を出て日本に来たんですが、そのとき、同居する母が『どうして、受賞したって言ってくれなかったの?』って。
 まさか受賞するなんて、思ってもみませんでした。授賞式までの2、3日は緊張して眠れなかったんですよ」
 と疲れも見せず、落ち着いた表情で語ってくれた。
 そんな彼女は、下半期4位。
インソンさんと『ラブストーリー』で共演したころは、お互い新人で演技をするのが精いっぱいでした。あのころは、ナンバーワンの女優を目指していましたが、今はオンリーワンの最高の演技がしたいですね。私はドラマと映画を分けていません。私が演じられる役があれば、どっちでも挑戦したいですね
 と、自身の人気の秘訣に関しては遠慮気味に語った。
『私の頭の中の消しゴム』で共演した、ウソン(上半期8位、下半期5位)についても聞いてみた。
私が中学生のとき、すでにドラマに出演していた憧れの俳優。そんな方と共演できるなんて、不思議な気持ちでしたね。
 ウソンさんは、ハンサムであり、とてもジェントルマン。素敵な年の重ね方をされる方で、若いころも今も別の魅力があります。女性にとってロマンを感じさせる方ですね

 ちなみに「ウソンとジヒョンが出演したCMの商品はヒットする」と好評だと、イさんは言う。
 ウソンを尊敬するウォンビンは、7位から4位へアップ。
「昨年、実家の江原道に両親のために、3階建ての豪邸を新築したんです。
 内緒だったんですが、その家が翌'08年の韓国建築文化大賞の国務大臣賞を受賞したことで、公になったんです。
 韓国では親孝行は美徳中の美徳ですからね」(イさん)
 チョン・ジュノはジンシルさんと共演した『私の生涯~』で上半期6位、「ボランティア活動に熱心なところも好感度大」(イさん)だという。
「全体的にいえることですが、調査のタイミングが違えば、違った結果になったのでは」
 とイさんは言う。
 ランキングは多少は運の要素もあるようだ。今回、ランク外のSTARも新年はリベンジなるか!?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング