韓流STAR17人「私の“悪い癖”」赤面公開

投稿日: 2009年01月20日 00:00 JST

「韓国には《3歳の癖は80歳まで続く》という諺があります。STARの多くは何かしらの癖を持っていて、映画やドラマなどでそれを確認できることもあります」
 と話すのは、韓国の女性誌記者。'09年最初の「韓ナビ!」は、STAR17人の意外な“癖”の数々をチェック!
 まずは今春、実に6年ぶりとなるドラマ『アイリス』に主演するイ・ビョンホン(38)。
彼の癖は《親指を噛む》ことと《貧乏ゆすり》。'96年公開の映画『彼らだけの世界』でギャングを演じた際、役作りで繰り返していた癖が抜けなくなってしまったそうです(笑)」(韓国・映画関係者)
 このほか、考え事をする際《人さし指で小鼻を押さえる》《おでこに手を当てる》《両手で顔を覆う》など、いくつもの癖を持つビョンホン。
 実際、かつて本誌がインタビューした際も、彼はこれらのしぐさを繰り返していた。
また、飛行機や車に乗ったときや、オンドル部屋(床暖房仕様の部屋)に入ると《靴下を脱ぐ》という癖もありますね。'06年公開の映画『夏物語』の撮影時は、若い女性スタッフに“オヤジくさい”とからかわれていました(笑)」(前出・映画関係者)
 そのビョンホンと、昨年公開の映画『いいヤツ、悪いヤツ、変なヤツ』で共演したチョン・ウソン(35)は、“独り言”が昔からの癖だという。
 彼自身、かつて韓国誌の取材にこう話している。
《ひとりのときは、思いついた言葉をありのまま口に出すようにしています。もちろん、人前ではやりませんが(笑)》
 現在公開中の映画『双花店』を最後に芸能活動を一時休止、今年、軍への入隊が予定されているチョ・インソン(27)も、《鼻に手を当てる》のが癖だそう。前出の記者が語る。
「彼の場合は、特に緊張したときにこのしぐさを見せることが多いですね。ファンミーティングや舞台挨拶などのイベントでよく目にしますよ」
 またインソンは、本業の記者が驚くほど《何でもメモをとる》癖があるという。
「これは癖というか習慣なのでしょうが、先日の『双花店』の会見の場でも、記者の質問を必死にメモしていました」
 インソンは韓国紙の取材に、
《メモをとることで頭の整理ができるので、自分ではいい癖だと思う》と語っている。
 昨年、インソンより一足先に入隊したコン・ユ(29)は、
《撮影に入るとついタバコに手が伸びてしまい、本数が増えてしまう》そう。こちらは、俳優仲間に“悪い癖”だと煙たがられているそうだ。
 緊張したとき無意識に癖が出てしまうのは一般人もSTARも同じ。昨年、5年ぶりとなるドラマ『オンエアー』(SBS)で本格復帰を果たし、現在日本ツアーで来日中のパク・ヨンハ(31)は、演技中に力が入ったとき《目に力を入れて二重風にする》のが癖。
 そのヨンハと『オンエアー』で共演したキム・ハヌル(30)は《NGを出して焦ると髪を触り続ける》癖があるという。
 キム・ヒソン(31)も《インタビュー取材のときに首を横に曲げる》癖が出るとか。
 また、昨年12月にクリスマスイベントで来日したばかりのイ・ドンゴン(28)は、記者会見やインタビュー取材の場で《口や顎を触ったり、しきりに襟足を?く》しぐさを見せるし、カン・ドンウォン(27)も《ずっと耳たぶを触り続ける》といった癖がある。
「ドンウォンのもうひとつの癖は、写真を撮るとき思わず“Vサイン”をしてしまうこと。関係者に『素人じゃないんだから……』と言われています(笑)」(記者)
 現在放送中のドラマ『彼らの住む世界』(KBS)が好調のヒョンビン(26)と、東方神起ジュンス(22)は2人とも《無意識のうちに舌を出す》のが癖だという。
「ジュンスは、《笑うときに手で口を隠す》という癖も持っています。メンバーに『オネエっぽい』と言われてからは気をつけているようですが(笑)」(韓国の音楽関係者)
 同じく東方神起のチャンミン(20)も、《笑うときに手を叩く》癖がある。
 ちなみに、元祖CM女王のイ・ヒョリ(29)の場合は、
「彼女は笑うとき、自分の手ではなく、話している相手や周りの人をバシバシ叩く癖があるんです。あれはけっこう迷惑(笑)」(韓国の芸能関係者)

冬の手荒れに悩むチャン・ドンゴン

 昨年9月に女優、ソン・テヨン(28)と結婚したクォン・サンウ(32)は、《ペン回しをする》のが小さいころからの癖だそうだ。
「'07年に公開された映画『HERO』の韓国ロケの際、主演の木村拓哉さん(36)が、共演者のペク・トビン(29)にペン回しの奥義を伝授し、韓国の芸能界でちょっとした話題となったんです。
 最近は国内で『ペン回し大会』も開かれるほどブームで、サンウも『自分が出たら上位入賞は間違いない』と話していました(笑)」(前出・記者)
 現在放送中のドラマ『スターの恋人』(SBS)に主演するチェ・ジウ(33)は、撮影に入る直前、必ずトイレに入る》ことが習慣になっている。
 前出のドラマ関係者が話す。
「小学生のころ母親に『授業の前や外出する前は、行きたくなくても必ずトイレに行っておきなさい』と言われ続け、それが自然と身についてしまったようですね」
 かつての教訓から《手洗いが癖になってしまった》と言うのはチャン・ドンゴン(36)。
「デビュー当初、風邪をこじらせてロケに支障が出たことがあり、それ以降は風邪予防の基本である“手洗い”とうがいをマメにするようになったそうです。ただ冬場も頻繁に手洗いをするので『この時期は手荒れが悩みの種』と話していました」(映画関係者)
 '04年公開の映画『僕の彼女を紹介します』で日本のファンも多いチャン・ヒョク(32)は会話の際《なぜならば……》と言うのが口癖。彼を取材した韓国紙記者が話す。
「彼はインタビュー時の回答が長いことで有名なんです。ひとつの質問に10分以上かけて答えることも珍しくない。
 答え方にも彼特有の癖があって、まず先に結論を言ってから、『なぜならば……』と始まるんですよ(笑)」
 “なくて七癖”というけれど、STARのしぐさをじっくり観察すれば、彼らのユニークな“癖”が発見できるかも!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング