'09年ブレイク確実-韓流「癒し系(フンナム)」新STAR7人が本誌初登場!

投稿日: 2009年01月27日 00:00 JST

「“コッミナム”(花美男)という言葉が代表するように、韓流STARといえば、イケメンが当たり前でした。
 でも、今のトレンドといえば、“フンナム”です。20代から母親世代まで幅広い女性の間で、ブレイク中です」(韓国紙記者)
 フンナムを、日本語でいえば “癒し系三枚目”。韓国語の「フンフンハダ」(温かい)と「ナムソン」(男性)を合わせた造語。なんとなく、ほんわかした感じがする。
「元祖といえば、キム・レウォン(27)や東方神起のジュンス(22)。Rain(26)、ソン・イルグク(37)らもフンナムの先駆けでしたね」(前出の記者)
 フンナム人気は、最近の世相も反映しているという。
好景気のときは、イケメンに夢を見ていた女性が、この不景気で、現実に目を向けるようになったことも一因でしょうね。
 ルックスより内面重視。生活感があって一緒にいてどこか落ち着き、頼れる感じの男性を望むようになったんです
」(韓流ライターの高橋尚子さん)
 そこで、今回の「韓ナビ!」では、'09年ブレイク間近のフンナムSTAR7人を一挙ご紹介!
 まずは、最終話で最高視聴率41・8%を獲得した大ヒット・ドラマ『糟糠の妻クラブ』(SBS・'07年)のイ・サンウ(25)。浮気性の夫に悩む30代の女性主人公の心をサポートする役を演じた。
「『私には女としての魅力がないのか』と悩む主役に、彼が『そんなことはない!』と励まし、女性視聴者のハートをがっちりキャッチしました」(高橋さん)
 イ・サンウ本人からも本誌へメッセージが届いた!
この役のイメージがよかったみたいですね。本当の私は口下手だし、役のようにはいきませんよ(笑)」
 と言う彼は、この作品で一躍ブレイク。現在は、映画『ペントハウス・エレファント』(韓国3月公開予定)とドラマ『家に行く道』(KBS放送中)のロケを同時進行という、多忙な日々を送っている。
今年は俳優として、飛躍できる年になればと願って頑張ります!
 チ・ヒョヌ(24)とイ・ソンギュン(33)は、『マイ スウィート ソウル』(SBS・'08年)で、チェ・ガンヒ(31)演じる、ごく普通の独身OLの恋人役として出演した。
「ガンヒが年下役のヒョヌと別れた後、年上役のソンギュンと交際するというストーリー。年下よりも、年上男性が落ち着けるという、女性視聴者の等身大的な経験と重なったことでヒットしました」(前出の高橋さん)
“フンナムSTAR”ソンギュンが、本誌へ率直な心境を語ってくれた
いつも皆さんの関心と愛に厚く感謝いたします。
 フンナムと呼ばれて、とても光栄ですが本当の私は違うかも(笑)。実生活では、ドラマのような、ロマンチックな愛をする男ではないと思うんです。僕は一般的な韓国男性と同じ。自己中心的で、怒るときは怒りますし(笑)。
 僕が『コーヒープリンス1号店』でフンナム役を演じてから、そういうキャラになったようですね

『コーヒープリンス~』では脇役だったソンギュンが、『マイ スウィート~』では準主役に格上げになった。
「本来、フンナム役はゴールデン枠では脇役にすぎないんです。でも、家族で見る機会が多い週末ドラマでは、見る人を安心させるフンナムが主役クラスになるんです」(高橋さん)
 ソンギュンから本誌読者に最後にこんなメッセージ。
皆様の心のなかに、永遠に記憶されるに値する俳優になるよう努力します
 キム・ソンス(33)は、現在放映中の『愛しの金枝玉葉』(KBS)で、2人の子供を育てるバツイチのシングルパパ役を好演中だ。
「結婚に失敗した経験があるから、人に優しいし女性にもゴリ押ししない。それに子煩悩。シングルパパはフンナムと結びつきやすい役ですね」(高橋さん)
 ソンスは、下着モデルや戦隊モノの出演など売れない時代が長かった。そういった下積み経験の長い彼は、プライベートでも「フンフンハダ(温かい)」キャラクターのようだ。
 キム・ジフン(27)は嫁姑の葛藤をコミカルに描いた『ヨメ全盛時代』(KBS・'07年)でフンナムを印象づけた。
「韓国では、若い夫婦の離婚原因の90%が嫁姑問題にあるともいわれています。
 なにかと気を使う嫁姑の間に入って、ドタバタと両者の仲を取り持つ嫁の夫役のジフンの姿が、かわいらしくもありました」(韓国紙記者)
 正直者で親孝行な役を演じることが多いジフンは、特に母親世代の人気が高いという。
 東方神起のジュンスに続きK-POP界にも、期待のフンナムが現れていた!
 それが、『スーパージュニア』のシンドン(23)。イケメン揃いのメンバーのなかで、唯一、メタボ気味のプロポーションが、逆に母性本応をくすぐっているようだ。
「あの体に、愛らしい笑顔が和みを与えているようです。ギャグも得意で、彼がいるおかげで、『スーパージュニア』はバラエティ番組でも人気なんですよ」(高橋さん)
 そんな数々の人気バラエティ番組を仕切っているのがユ・ジェソク(36)。
「国民的MCと呼ばれている司会者で、トークはもちろん、温厚な人柄が、老若男女に支持されています」
 フンナムが、ゴールデンに主役で登場する日も近い!?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング