初来日イベントと韓流「花より男子」舞台裏秘話

投稿日: 2009年04月21日 00:00 JST

 3月31日、視聴率34・8%でついに最終回を迎えた韓国版『花より男子~Boys Оver Flowers』(KBS)。
 F4のキム・ヒョンジュン(22)、イ・ミンホ(21)、キム・ボム(19)、キム・ジュン(24)、そしてヒロインのク・へソン(24)らの結束力で、ドラマはずっと視聴率30%超えの大ブレイク!
 その人気を支えていたのが俳優やスタッフたち。みんな、の状態で、過酷ロケを乗り切っていたのだ。
「SS501のリーダー・ヒョンジュンは、音楽活動を休止して『花男』ロケに参加するという力の入れようでした。撮影中、体重が7・も減って、クランクアップ後は、過労で1泊2日の入院をしたほどです」(韓国紙記者)
 たび重なる交通事故、出演女優チャン・ジャヨンさん(享年26)の死などを乗り越え、最終回も高視聴率を記録して、大成功のうちに幕を閉じた。
 今度は日本でも4月12日(日)からMnetでの放映がスタート。4月16日(木)には、東京・JCBホールで日本放送記念イベントが開催され、F4が堂々の初来日!
 今回の「韓ナビ!」では、来日イベント&ロケの舞台裏秘話をF4が独占告白!
 実はイベント前日、本誌は都内のホテルでF4の特写を行っていた(5月12日発売号で大公開。お楽しみに・)。
 取材撮影用に貸し切られたフレンチレストランには、事務所マネージャーやヘアメーク、撮影クルーなどでいっぱい。ほかのメンバーの撮影待ちの間、テーブル上の本誌をペラペラとめくっていたのはボムだった。
 ボムは昨年、本誌編集部を訪問していた。当時はまだ初々しく少年のような印象だったが、目の前の彼はオトナの男性。『花男』のハードロケで、ひと皮もふた皮もけて、男を磨いたようだ。本誌のチュ・ジフンのグラビアページに目を留めていたところで、記者は声をかけてみた。
「あっ! どうも。覚えてますよ。よろしくお願いします」
 一瞬で少年のようなみが戻った。ロケの感想は?
「もちろん、肉体的にも精神的にもハードで、事件や事故も多い撮影でした。
 無事に撮影を終えて、振り返ってみると、何よりも大切な人たちに出会えたことが一番の幸せ。僕にとって意義深い作品でした」
 と感慨深げ。
 だが、F4は最初から“仲よし”ではなかったという。
「最初はお互い気まずかったんですよ。でも、クランクインしたばかりのころ、海外ロケに行ったことで、仲よくなれたんですよ。
 ロケ最終日は、海辺でエンディングシーンを撮りました。監督からOKが出ると、『お祝いだ!』って、みんなで寒い海に入って、ふざけ合ってました。
 撮影が終わってからは、『花男』チームで撮影することはできませんが、こうしてほかにも会う機会があるので、寂しさも和らぎますね」
 隣のソファにいたジュンにも直撃取材してみた。
「F4のメンバーと撮影を無事、終えてしいです。ホントに貴重な体験をさせていただきました。
 体重もちょっと落ちましたが、バテないように毎日ちゃんと食べて、健康管理に気をつけていました。パワーの源は、毎日食べていたキムパプ(韓国風)です。
 正直、徹夜続きで大変だったんですよ(笑)。でもみんなとさを共有したことで、結束力も強くなりました。今となってはいい思い出ですよ」
 この夜、F4はフジテレビの『SMAP×SMAP』と『チョナン・カン2』の収録のためにお台場へ。
「ヒョンジュンは牛丼マニア。今回の来日でも楽しみにしていました。フジテレビの控室でも、テイクアウトした吉野家の牛丼をおいしそうに食べてましたよ。
 並盛り、卵に唐辛子と紅しょうがをワイルドに混ぜて食べるのが、ヒョンジュン流なんです」(マネージャー)
 韓国は、ビビンバのように混ぜて食べる食文化がある。ヒョンジュンのような食べ方も当然なのだという。
「『SMAP×SMAP』の収録中、“変顔”をすることになったんですが、ヒョンジュンは自分のイメージを気にして、そんなに変な顔を作れなかったんです。控室に戻ると、『僕も香取慎吾さんのように、かっこよくても面白いことができるようになりたい』って話してました」(関係者)
 本誌にロケの思い出話を語ってくれたのはミンホ。
「真冬のプールに落ちてしまった後、雨の中、ク・ヘソンを待つシーンが、いちばん印象的です。その日、僕はすごい高熱が出て、体調も最悪。周りはみんな『今日はやめよう』と言ってくれたんですが、僕はやりたかった……」
 結局、スタッフの判断で雨から雪の演出に変更になった。
「原作を何度も読んでいたので、このシチュエーションでは、絶対、雨が必要だと強く思っていたのに」
 とミンホは今も悔しそう。若手とはいえ、役者魂はベテラン並みなのだ。
 迎えたイベント当日の16日、会場付近はファンで大盛況。昼夜の2部開催だったが、昼の部には、原作の神尾葉子さんの姿もあった。
 約2時間30分のイベントは、SS501のミニライブでフィナーレに。
「ドラマは終わっても、F4は今でも、お互い携帯で連絡を取り合ったり、ときには食事に行ったりと交流は続いているんですよ」(ボム)
 次世代の韓流四天王はF4になるかも!?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング