大国男児の公演レポ・・・真夏の夢は「みなさんと楽しくすごしたい」

投稿日: 2014年10月06日 20:00 JST

image

8月3日千葉県浦安市舞浜にあるアンフィシアターにて大国男児の日本カムバックライブ‘IT REVIVES in JAPN’MID SUMMER DREAMが行われた。昼夜二回のライブには日本再活動を待ちわびていたファンたちが集まった。半円形のオープンステージの会場には開演前からファンたちの熱いで熱気ムンムン。開始時間になりステージに流れるオープニング映像にファンたちからは期待ふくらむため息が漏れ・・・

 

そんな中カラムがセンターとなりセリ上がりから登場し、まずは韓国語での「NEW Boyz」を熱唱。次々とセンターが変わりさらに大人っぽくなったジェイの華麗なるダンスに、ファンたちからは絶叫とも思わせる感動の悲鳴が。さらに最後にジェイの可愛いピースポーズにファンは大満足!

 image

「Love Parade」をポップなダンスとともに披露し、お決まりの「1・2・3!こんにちは!大国男児です!」のご挨拶からトークが始まります。インジュンの「4月に続いてこの真夏にも日本にやってきました。タイトルは自分たちが考えたんですけど、真夏の夢、意味は?って言われると皆さんと楽しく過ごしたいという気持ちが入っています」とやや緊張ぎみの可愛いコメントが会場を温かい雰囲気に包みこみました。そしてカラムからは「夏休みってあっという間に夢みたいに過ぎちゃいますよね」ミカ「楽しくコンサートの練習をしました」とそれぞれの性格が表れたトーク。

 image

インジュンがセンターとなり昨年韓国でリリースした「Why Goodbye」を韓国語で歌い、同じく韓国語の「We Are Together」ではファンも一緒に元気な振付けを楽しみました。

 

そして大国男児のLIVEではお決まりとなった、カラーボールを客席に投げながら「24×7」を可愛く歌います。ジェイの汗を拭いたカラーボールをキャッチしたファンはラッキー!「Love song for you」を唄いステージは映像が流れます。

この映像を取り入れたステージも今や大国男児LIVEのお楽しみ!ファンからも「今日はどんな映像かな~?」と楽しみにしている声も聞かれました。

 image

そして・・・今回の映像は・・・なんとあの可愛いジェイがゾンビになるという衝撃のムービー。ファンからは「キャー!まじで~?」の歓声・・・そして今巷でも大人気の水鉄砲をメンバーからかけられながらもダンスを踊るジェイにファンたちも大満足。

黒のTシャツとランニング、赤のバンダナで登場したミカがロックンロール風なパフォーマンスを披露した後、ターンテーブルステージでメンバーたちはバラード調の「二人の好きな茜空」をしっとりと、続いてダンスなしの「片思い」ではミカとヒョンミンのハーモニーがみごとに調和し歌い上げました。

 image

そしてハプニングかと思われるようなびっくりする演出が。なんとメンバーたちが「Dearest」を唄いながら客席へと降りて行きます。そして客席内の通路をステージにして「Someday」を披露。驚きと喜びで大泣きしているファンも多数、メンバーたちが間近で熱唱してくれファンたちへの最高のプレゼントとなりました。

 image

その後ステージに上がり軽くトーク開始。

「リハーサルでは会場に誰もいなかったけど本番でこんなになるとは~」とインジュン。そして「思わず歌詞間違えちゃいました。すみません。自分がかっこよすぎて間違っちゃった~」のコメントにファンからも笑い声が。そしてジェイとインジュンが袖に消えるとカラムから「二人がいなくなったってことは、衣装を着替えているってことですよね。そうソロステージです。その前に面白い映像を準備したので僕たちも衣裳着替えてきま~す」と走り去り・・・その映像とはなんと楽屋にメンバーひとりひとりが呼ばれ、パソコンからオバケメークの女性が飛び出すというドッキリもの。メンバーそれぞれの可愛いリアクションはファンの心をわしづかみしちゃいました。

 

大人っぽい黒の上下のジェイと半袖半ズボン姿のインジュンが、ラップ調の「テンテンテン」を韓国語で歌います。またもや突然二人が客席へ降りファンもビックリ!バンドを引き連れたミカは白と黒のシャツにダメージデニムに着替え英語で「Shine」をソロで歌ってくれました。黒ニット帽のヒョンミンが「NANUN NABI」を唄い、客席から駆け上がったカラムが大塚愛の「さくらんぼ」をグレーシャツにダメージパンツ姿で唄うと、ドレス姿で女装したミカ、うさミミのインジュン、アフロ&メガホンのジェイ、レイを首から下げたはっぴ姿のヒョンミンと笑いを誘っての大合唱となりファンからも「もう一回」の掛け声で会場がひとつになったひと時でした。

 image

続いて「いけない1,2,3」のフリを説明した後ファンも一緒に唄い、またもや客席内の階段上でのヒョンミンの腰ふりダンスや、ステージに遅れて戻りファンの真似をするジェイ、そして「かけ声もう一回やってみてください。最後のステージ上でやるはずだったフリ、何回も練習したのに忘れちゃった」のミカのトークに大爆笑させられました。

 

「Jumping」では間奏のジェイがダンスを披露、「本気Magic」とおなじみのヒットナンバーを唄います。カラムから「みんな楽しい?今回大国男児のこんないい曲があるって改めて感動しました。みなさんのおかげです」とトークが始まります。

 

そして続いてインジュンからは発表が・・・「9月に韓国でアルバムを出します。コンサートの練習をしながらアルバムもつくっていたので声が少しかれちゃった。でも期待に応えられるアルバムになっています」。そしてカラムからは「10月には又日本で大国男児のLIVEがあります。さらにノリノリになると思います」、「コンサートの間が短いんだけど僕たちが希望したんです」とのインジュンのコメントにファンも大感激。そして「次が最後の曲になりました」とインジュンが話すと、カラムから「最後って言って終わったコトないけどヨロシクお願いします」。

 image

「夢まであと」を会場のファンとともに唄いあげ袖にメンバーが消えるとともにすぐにも「アンコール♪」の掛け声が。

 

それぞれにアレンジしたピンクのTシャツ姿に着替えたメンバー、「Love Story」を唄いステージ前のファンたちが持っていたうちわなどを使ってパフォーマンス。ヒョンミンから「時間が流れている中、日本でLIVEすること本当に楽しいです。みんなの力をもらえて、愛してくれてありがとうございます」ジェイは「みんなの中で唄った時ありがとうって思いました。愛してます」カラムからは「生まれてよかったなと思います。人間アドレナリンが必要です。笑うとアドレナリンが出るから今日また健康になりました」。そしてインジュンは「10月のLIVEは何をやったらいいかとかツイッターとか送ってください。みんなの声で新しいコンサートが作られます。今日はありがとうございました。愛してます」そしてミカからは「今回めっちゃみんなと仲良しになった気がします」と。そして「Love Bingo!」をファンとともに唄いあげ感動と熱気に満ち溢れたステージは終わった。

 image

今回のLIVEでも力いっぱい全力で魅力をみせてくれた彼ら・・・10月に行われる東京と横浜でのLIVEでは、きっとさらなる成長をした大国男児たちをみられることだろう。

 

-----------------

<今後のスケジュール>

・今年 秋 韓国カムバック予定

・大国男児 “Take off for a dream” in東京・横浜公演

10月11日(土) ラフォーレミュージアム六本木

10月12日(日) PREMIERE HALL

各1日2回公演

詳しくは

http://marvel-ent.com/

【関連記事】

大国男児、日本での復活宣言イベント開催!ファンへの熱い気持ちと辛かった気持ちを歌とダンスとトークで届けた熱い1時間半。

大国男児 日本デビューイベントに肉迫!
大国男児単独ライブ!<大国男児 TOKYO LIVE>開催!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング