CNBLUE 名古屋・日本ガイシでツアーファイナル公演「いい音楽を作って、またみなさんに会いに来ます!」

投稿日: 2014年12月08日 18:00 JST

image

10月29日に行われた初の単独武道館ライブを皮切りにスタートした「CNBLUE ARENA TOUR 2014 “WAVE”」のファイナル公演が、12月4日、名古屋・日本ガイシホールにて行われた。

 

東京、大阪、仙台、福岡、そして名古屋で行われた今ツアーでは約10万人を動員。今回のツアーでは、インディーズ最後のライブとなった「392」のステージ以来となる回転式の“センターステージ”を採用。

1曲目を「Ring」でしっとりとスタートさせるも、2曲目の「Mr.KIA」「Have a good night」で一気に加速していく。スタートと同時にテンションのあがる会場にたて続けに4曲を披露した後、ボーカルのヨンファが「こんにちは、CNBLUEです。今日はアリーナツアー最後の日…。このステージに命かけます!よ~けお客さんはいっとる!」と、名古屋弁を使ったMCで、客席を沸かせる場面も。

image

今回のセットリストは、アルバム「WAVE」の収録曲を中心に披露されたが、アンコール楽曲を含む全22曲を披露。

 

ライブ中のトークでは、ベースのジョンシンが12月3日に香港で行われたMnetの年末授賞式「2014 MAMA(2014 Mnet Asian Music Awards)」にてベストバンドパフォーマンス賞 を受賞したことを受け、「皆さんのおかげで受賞できました。このツアーも2014年のいい思い出です」とコメント。これまで8年の間一緒に暮らしてきたメンバーと離れ、現在では別々に暮らしている、と語ったのは、ジョンヒョン。「メンバーと離れて、また改めて3人の大事さを感じました」とコメントすると、客席から拍手が沸き起こった。

image

ジョンヒョンのギター弾き語りから始まる「Y.Why…」でそれまでのハイテンションなステージをいったん沈め、「my miracle」でファンの目頭を熱くさせると、“フォー!”という客席 との掛け合いが特徴の「Foxy」で再び会場を盛り上げる。そこから「coffee shop」に続き「I’m sorry」「Lady」とアップテンポな楽曲が続くと、第1部のラストソング 「Radio」へと突入。

image

またアンコールでは、ファイナル公演ならではのサプライズイベントも。なんと、ドラムのミンヒョクとヨンファがそれぞれのパートを交換、ヨンファがドラマーに、ミンヒョクがメインボーカルへと変身し、「I’m sorry」をワンコー ラス披露してくれたのだった。予想外の展開に、客席からはこの日一番の歓声が上がった。

 

そこから再びボーカルヨンファへとバトンタッチされ、「Like A Child」へと続く。「ツアーが終わってしまってさみしいですが、“有終の美”を飾り、また2015年の新しいツアーで会いましょう!」というジョンシンのコメントから、最後はヨンファが「センターステージが本当に大好き。次もこんな風にライブをしたいですね。またいい音楽を作って、みなさんに会いにきます!」と、コメントしながらも、やはりファイナル公演ということもあってか、涙ぐみ話を続けることができない場面も見られたが、最後は特有の笑い声で雰囲気を変え、アンコールラストソングの「Can’t Stop」を熱唱。

image

さらにこの日は、アルバム「WAVE」を引っ提げての公演ともあり、ダブルアンコールにアルバムリード曲の「Radio」を演奏、360度を埋め尽くす観客すべてに挨拶をし、今年最後の単独コンサートの幕を閉じた。単独ステージは今年最後となったが、12月20日に幕張メッセ、12月27日には大阪城ホールで、FTISLANDやAOAなど、同所属事務所のアーティストたちが集結するファミリーコンサート「2014 FNC KINGDOM IN JAPAN -STARLIGHT-」で、今年最後の日本ステージに立つ。

 

今年の「FNC KINGDOM」は前年度に実現されなかった“スペシャルコラボステージ”が最大の見どころとなる。FNC所属アーティスト4組の夢のデュエットに加え、CNBLUEのヨンファにFTISLANDのジョンフン率いるKINGDOM BAND1号、CNBLUEのジョンヒョンとFTISLANDのジェジン率いるKINGDOM BAND 2号がKINGDOMステージを出撃、FTISLANDやCNBLUE、さらにはAOAやN.Flyingのメンバーたちが完全シャッフルユニットとして登場し、これまでのどのステージでも見ることのできなかった夢のコラボレーションを実現。

image

また、昼公演をEMERALD STAGE、夜公演をDIAMOND STAGEと名付け、それぞれ違ったコンセプトを持つステージパフォーマンスを展開、EMERALD STAGEのヘッドライナーをCNBLUEが、DIAMOND STAGEのヘッドライナーをFTISLANDが務める。驚きの内容はこれだけではない。先日韓国でカムバックを果たしたAOAが最新曲の『サプン サプン(Like a Cat)』を日本初披露!またリクエストも多数寄せられている、ドラマ『百年の花嫁』で大きな話題を集めた挿入歌『まだ言えない言葉』をホンギが歌唱予定など、ファン熱望のステージパフォーマンスも多数準備中だ。

 

さらに今回の「2014 FNC KINGDOM IN JAPAN -STARLIGHT-」の初の試みとして“KINGDOM STARLIGHT BAND”を使った、ファンとアーティストがひとつになれるスペシャル演出を企画。“KINGDOM STARLIGHT BAND”は参加者全員に配布され、腕に付けた“KINGDOM STARLIGHT BAND”が、アーティストのステージやパフォーマンスに合わせてそれぞれに変化、ひとつひとつの光がまるで“星”のように会場を彩り、ファンとアーティストを“KINGDOM STARLIGHT BAND”ひとつにつなぐ。巨大な“STARLIGHT”の世界に包まれ、会場中の色が一斉に総替わりする様に、大きく感動すること間違いないだろう。公演時間も約3時間半を予定しており、コラボステージに加えてそれぞれのアーティストたちのステージもたっぷりと用意され、次々と繰り広げられる豪華アーティストたちのステージパフォーマンスに、しばし時間を忘れて盛り上がること間違いないだろう。

image

さらには2015年度開催のFTISLANDおよびCNBLUEのライブイベントの最前列シートの招待券が当たる、FTISLAND/CNBLUEのファンクラブサイトのチケット購入者限定のスペシャル抽選会の開催も決定するなど、盛りだくさんの内容で開催予定だ。

 

SET LIST

01 Ring

02 Mr.KIA

03 Have a good night

04 Go your way

05 Where you are

06 Time is over

07 lonely night

08 Ryu can do it

09 In My Head

10 Y.Why…

11 my miracle

12 Monster

13 HEART song

14 Foxy

15 Coffee shop

16 I’m sorry

17 Lady

18 Radio

 

アンコール

01 Like A Child

02 WAKE UP

03 Can’t Stop

 

<2014 FNC KINGDOM IN JAPAN -STARLIGHT->

 

■2014.12.20(土) 幕張メッセ

 

「EMERALD STARLIGHT」STAGE昼公演:開場 11:00  開演 12:00

 

「DIAMOND STARLIGHT」STAGE夜公演:開場 17:00  開演 18:00

 

(問)サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

 

■2014.12.27(土)大阪城ホール

 

「EMERALD STARLIGHT」STAGE昼公演:開場 11:00  開演 12:00

 

「DIAMOND STARLIGHT」STAGE夜公演:開場 17:00  開演 18:00

 

(問)キョードーインフォメーション 06-7732-8888 ※チケット発売中

 

CNBLUE オフィシャルサイトhttp://cnblue-official.jp/

【関連記事】

FNC KINGDOMで、あの人が率いるバンドが、あの曲を演奏!アーティスト・シャッフルバンド、KINGDOM BAND 1号・2号の概要判明!

FTISLAND 約3年ぶりの横浜アリーナステージでツアーファイナル「変わらずにここにいてくれてありがとう!」
CNBLUE 初の単独武道館ライブ開催で2万6千人を動員!「ライブステージが僕たちの居場所です」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング