野獣アイドル「2PM」ニューアルバム『2PM OF 2PM』リリース記念独占インタビュー(ソロ編・Jun. K&ニックン)

投稿日: 2015年04月24日 06:00 JST

image

前作から1年2ヶ月をへて、アジアNo.1野獣アイドルの「2PM」が、日本で4枚目となるアルバム『2PM OF 2PM』をリリース。現在、全国アリーナツアー中の彼らは、同アルバムを引っ提げ、日本各地で熱狂のライブを繰り広げている。女性自身は、ツアー中の彼らをグラビア撮り下ろし&独占インタビューを敢行。今回は、Jun. Kとニックンのインタビューをお届け!

 

2PM 4TH Album2PM OF 2PM』は、ソニー・ミュージックより発売中

初回生産限定盤A¥5,200

初回生産限定盤B¥4,400

通常盤¥3,200(すべて税込み)

 

2PM ARENA TOUR 2015 “2PM OF 2PM”を開催中

5月7、8日は大阪城ホール、5月1921日は横浜アリーナ、5月2325日は国立代々木競技場第一体育館、5月3031日、北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて開催。

——昨年は、日本初のソロツアー『LOVE HATE』(幕張公演のDVD2月リリース)を開催するなど、精力的にソロ活動を行ってきました。振り返ると、アーティストとして、どういう点がいちばん成長できましたか? 

Jun. K成長というより、いいスタートを切ることができたといった感じですね。ソロコンサートを通じて、「自分のカラーを最大限に見せたい」「僕のさまざまな世界を見てもらいたい」ということに力を注いで、それができて。だから、いいスタートになったなあと思うんです。

 

——カラーを出したことでファンの反応は変わりましたか?

Jun. Kもともとあった曲を、僕が編曲、アレンジを加えて歌うことで、「これが、Jun. Kらしさなんだな」と、みなさんに僕のカラーをより気づいてもらえたような気がします。

image

——初回生産限定盤Bに収録されたソロ曲『WHPH』(Jun. K作詞・作曲)はどのようなナンバーに仕上がりましたか? まず、『WHPH』はどういう意味から教えてください。

Jun. KWHPH』は、「Work Hard, Play Hard」の頭文字を取りました。今回、制作するにあたっては、音楽的なカラーとか、そういうのではなくて、独特な方法で表現したかったんですね。ある意味、この作品は、僕の人生の物語でもあるんですけど、僕の精神世界を自然に説き込ませて表現するというより、一つひとつ、違うチャプターをめくっていくような感じで表現してみたかったんです。たとえば今回、ヒップホップとRBの2つの異なるジャンルがあって、転換するときにがらりと変わる方法を取ってます。

 

——今回のアルバムの収録曲で、いちばんおすすめの曲は?

Jun. K僕が作った『Sexy Ladies』にしましょうか(笑)。2010年に作った曲で、Sexyt ladyを見ると、クレイジーになるっていう、女性に心をときめかされるという曲ですね。あと、『Jam Session』をじっくり聴いてほしいです。メロディはポップな感じなんですけど、トラックがとてもカッコよくて、とても新鮮です。

 

——今年の春から夏にかけて、プライベートでトライしてみたいことは?

Jun. Kお陰さまでスケジュールがずっと続くので、健康管理に気を付けて、ファンのみなさんを常に楽しませたいと思います!

 

——「Work Hard」ですね。

Jun. K笑・・・・まさにそうですね!何事にも全力でがんばります!

-------------------------------------------------

※次は、ニックンのインタビューをお届け!

 

——今回のアルバムの収録曲のなかで、いちばんおすすめの曲は?

ニックン●もともと、僕はバラードがすごく好きなので、『春風 ~Good-bye Again~』がいちばん気に入りました。歌詞の内容の意味もとてもいいですよね。悲しみのなかにも希望が込められている感じがあって。この悲しみを超えたら、また会えるからという意味で、辛いときに背中を押してくれるような応援ソングになっています。好きなフレーズは、英語のパートでサビの♪I say good-bye again♪ という部分です。

 

——初回生産限定盤Bに収録された、日本語のソロ曲『Miss Wonderful』は素敵なポップソングですね。

ニックン●この曲は、スウェーデンの方が作曲してくれた歌で、歌の雰囲気もとても素敵なんです。この曲を聴いたとき、ステージで歌うときにこんな感じにしたいというイメージがすぐに湧いてきました!

 

——ニックンの声がとても曲調と合っていて、すてきな曲だなあって思いました。

ニックン●じつは今回、歌うのに苦労したんですよ。キーが少し高めで、明るく、なおかつパワフルに歌わなければならなかったので、レコーディングの過程で、少し歌い方が変わったように思います。

 

——ふだんの2PMでの歌い方とは違うという意味ですか?

ニックン●ソロで歌うとき、いつもだったら、しっとりとしたバラード曲が多かったんですけど、今回、パワフルでリズム感のある曲を歌うことによって、「少し実力がついたのかなあ」という気がしました。

 

——聴き心地がよかったですよ。

ニックン●本当ですか!?良かったです!ありがとうございます!たくさん練習をしたので苦労した甲斐がありましたね(笑)

image

——ニックンの新しい一面を見たような気がします。

ニックン●僕も驚きました。本当に、いつもバラードを歌ってばかりいたので、今回、少し、自分が変われたような気がするんです。

 

——ここからは音楽以外のソロ活動について伺います。出演したドラマ『1と1/2の夏』が中国で放送され、今、中国で人気が高まっていると聞きます。俳優業について、どのように思っていますか?

ニックン●このドラマは、本当に楽しくて、フリーで軽い役ではあったんですけど、お芝居というのは、本当に魅力的だと思います。やってみて思ったのは、やはり、歌うときの表現に生かされるんだろうな、って。ただし、役を演じることは、歌うときに生かされても、ステージで歌っていることは、演じるうえで生かされていない気がします。監督から「ミュージックビデオを撮ってるんじゃないから、これはドラマですよ」って何度も指摘されました。いつも悲しい歌を歌うときのミュージックビデオとしての表現の仕方というのがあるんですね。これと、実際のドラマでの悲しみの表現はまったく別ものなんですよ。ドラマを通していろいろと学ぶことが多かったですね!

 

——今年の春から夏、プライベートでトライしてみたいこと、今、関心を持っていることは?

ニックン●何がいいですかね、新しいものを習ってみたいです。ウェークボードを習ってみたいんですね。漢江という川があって、見ると、ウェークボードをやっている人がとても多いんです。あと、料理も習ってみたいです。

 

 

【関連記事】

野獣アイドル「2PM」ニューアルバム『2PM OF 2PM』リリース記念独占インタビュー(グループ編)

チェ・ジウが来日!2PMとの共演は「楽しかったです!」
2PM、2AM、GOT7ら競演!JYP NATION in Japan 2年ぶりに開催!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング