野獣アイドル「2PM」ニューアルバム『2PM OF 2PM』リリース記念独占インタビュー(ソロ編・ジュノ&テギョン)

投稿日: 2015年04月25日 06:00 JST

image

前作から1年2ヶ月をへて、アジアNo.1野獣アイドルの「2PM」が、日本で4枚目となるアルバム『2PM OF 2PM』をリリース。現在、全国アリーナツアー中の彼らは、同アルバムを引っ提げ、日本各地で熱狂のライブを繰り広げている。女性自身は、ツアー中の彼らをグラビア撮り下ろし&独占インタビューを敢行。今回は、ジュノとテギョンのインタビューをお届け!

 

2PM 4TH Album2PM OF 2PM』は、ソニー・ミュージックより発売中

初回生産限定盤A¥5,200

初回生産限定盤B¥4,400

通常盤¥3,200(すべて税込み)

 

2PM ARENA TOUR 2015 “2PM OF 2PM”を開催中

5月7、8日は大阪城ホール、5月1921日は横浜アリーナ、5月2325日は国立代々木競技場第一体育館、5月3031日、北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて開催。

——ジュノさんご自身がプロデュースした『365』をはじめ、作詞・作曲を手がけた『Burning Love』、『Everybody』に込めた思い、制作する過程で注力したこと、仕上がりについてお聞かせください。

ジュノ●365』は、明るい雰囲気にしたいなと思って、みんながノレるような曲にしたかったんです。“いつも一緒にいたい”という思いから「365日」というテーマが先に浮かび、「一年中いつもずっと一緒にいたい」「一緒にいつもいろんなことをしたい」という思いを込めました。いつも一緒に作曲している方と話し合って、楽しみながら、気持ちよく、短時間で作ることができましたね。また、『Burning Love』は、「いつの間にか近くにいる人を好きになってしまった」というテーマで。いつも一緒にいた仲のいい友達を、いつの間にか、自分でも知らないうちに好きになってしまったという内容で、そんな状況に陥ったときの思いを歌った曲です。

 

——どんなときに、そういう曲が思いつくんですか?

ジュノ●僕の作曲スタイルは、メロディーが先に浮かんだり、歌詞が先に浮かんだりすることもあるのですが、何かテーマを一つ決めてそれに沿って曲を作り上げて行くというものがほとんどですね。テーマがあればそれに向かって曲を構築していきやすいですし。『Everybody』は、スタジオアパートメントの方がたと初めて一緒にコラボ―レーションした曲です。最初にトラックができていて、そこに、メロディを足し、次に歌詞を加えました。タイトルは、最初からそれにしようと決めていたんです。聴いている人も一緒に燃え上がるような印象を持たせたくて、情熱的な力強いビートで、楽しい印象だけど、ただ明るいだけではない曲にしたかった。スタジオアパートメントの方々は実際、クラブなどでのDJをやられている方なので、現実的でクラブなどの生きた音楽を表現できたと思います。そして、この曲は日本で作曲作業を行いました。その点でもとても新鮮で楽しく作曲した曲ですね。

image

——初回生産限定盤Bに収録された、日本語のソロ曲『Crush』(ジュノ作詞・作曲)はどのようなナンバーに仕上がりましたか? 歌うときに込めた思い、レコーディング中のエピソードなど

ジュノ●この曲のイメージは悪い男です。これまで僕が歌ってきた『SAY YES』、『HEY YOU』に続き、今回の『Crush』となりますが、最初の『SAY YES』が恋に落ちたときの男の話だとしたら、『HEY YOU』では、両想いになって、ずっと君を愛しているという思いを表現しました。そして今回の『Crush』は、ちょっと違いますよね、浮気している男というか……()。この曲は、僕自身が明るいだけではないという何かを見せたくて。いつもの僕と違う部分を見せたいという思いから生まれた曲です。曲自体はロック調で、明るく楽しいメロディですが、歌詞の内容は、人間のなかの天使と悪魔の戦いです。2人が戦う姿を表現したかったのですが、ほぼ悪魔になってしまったのかな ()。でも、本当に悪い人間なら、悩んだりもしないですよね。この曲は、悩んでいるという部分も入れることで、天使と悪魔が存在しているということを表したかったです。

 

——ここからは音楽以外のソロ活動について伺います。出演された映画『二十歳』が韓国で公開されました。今回、同世代の俳優と一緒に制作に取り組んだ感想や今回の演技経験について、どう思っていますか? また、この作品で得たものは?

ジュノ●演技をするときは、自分が2PMだということを完全に忘れなければならないと思っています。2PMでいるとき、華やかなステージの上で華やかな衣装を着て、歌を歌っている歌手だとしたら、演技をするときは、それらをすべて捨てなければならない、と。そうすれば、演じる役に集中して入り込むことができるし、作品自体もよくなると思うんです。今回の映画は、コメディなのですが、演技をするとき、僕がイ・ジュノだということを考えてはいけないと思って、完全に役柄のキャラクターになりきって演じました。3人が主人公の話なので、僕の責任は3分の1。出演量も多いぶん、演じる上でもより役柄になりきって演じられた気がします。

 

——今年の春から夏にかけて、プライベートでトライしてみたいこと、今、関心を持っていることは?

ジュノ●前々から言っているのですが、エクストリームスポーツがしたいんです! スカイダイビングやバンジージャンプなど日常生活では感じることができない、刺激を感じてみたいし、もともと、そういうスポーツが好きなんです。

 

——今年、日本でのソロ活動予定があれば教えて下さい!

ジュノ●僕は、いつも日本で活動したいと思っています。

------------------------------------

※次は、テギョンのインタビューをお届け!

 

——今回のアルバムには、2PMのナンバーとして初めて手がけたナンバー『Fight』と、プロデュースした『Slender Man』が収録されています。どのような思いを込めて作りましたか?

テギョン●Fight』は、どんな難関でも乗り越えていこうという前向きのメッセージを歌った曲です。『Fight』と『Slender Man』の2曲とも、2PMのことを思いながら、メンバーそれぞれに合うパート割をして。舞台ではどんなパフォーマンスの曲に仕上げていくのか、全体的に頭の中で描きながら作りました。

 

——また、アルバム収録曲のなかでいちばんおすすめの曲は?

テギョン●やっぱり、僕の書いた『Fight』と『Slender Man』は2曲ともチェックしていただきたいですね(笑)。もちろん全曲ともいい曲ですよ、でも、そのなかでもおすすめは僕の曲を聴いてください。2曲ともパフォーマンスも見どころの一つなので、ぜひ、チェックしてみてください。

image

——『THROUGH THE FIRE』など、テギョンさんのラップが生きた楽曲も今回、収録されています。いちばん、日本語のラップが難しかった曲は?

テギョン●発音の難しさはとくになかったんですが、『THROUGH THE FIRE』は、とにかくラップが長いです(笑)。

 

——初回生産限定盤Bに収録された、日本語のソロ曲『チョコレート Duet with yerin』(テギョン作詞・作曲)はどのような楽曲に仕上がりました? レコーディングのエピソードなど教えてください。

テギョン●ファンのみなさんに、かわいいイメージの曲をお聞かせしたくて作りました。

 

——今年の春から夏にかけて、プライベートでトライしてみたいこと、今、関心を持っていることは?

 

テギョン●旅行に行きたいですね。でも、つい最近行ってきたばかりだから(笑)。ヨーロッパは、とても楽しい旅でしたね。たくさん新しいものを見て、経験していくことは、曲作りや新たな感性を生み出すことにも役に立つと思います

 

 

【関連記事】

野獣アイドル「2PM」ニューアルバム『2PM OF 2PM』リリース記念独占インタビュー(グループ編)

野獣アイドル「2PM」ニューアルバム『2PM OF 2PM』リリース記念独占インタビュー(ソロ編・Jun. K&ニックン)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング