BIGBANG  a-nation 2015@大阪・ヤンマースタジアム長居「おひさしぶりやなぁ、ダイスキや〜!」

投稿日: 2015年09月01日 00:00 JST

関連キーワード

BIGBANGが22日、3年ぶりのカムバックプロジェクト「MADE SERIES」を引っ提げ、「a-naiton stadium fes.2015」のヘッドライナー(トリ)で登場した。会場となった大阪・ヤンマースタジアム長居には、5万5千人の観客が集結。大歓声で迎えられた5人は、新曲『BANG BANG BANG』で熱狂のステージをスタートさせた。

image

5月から4ヶ月連続でリリースしてきた新曲の日本初披露とあって、ファンもこの日を待ちわびていた。「大阪、おひさしぶりやな! 会いたかったぞ! 大好きな大阪で、a-nationのトリだよ!」と、V.Iが流暢な大阪弁で会場に呼びかけると、スタジアムが一斉にどよめいた。

image

G-DRAGONとT.O.Pは、新曲『LOSER』をしっとりと歌い上げ、観客を魅了。『BAD BOY』で会場がひとつになると、さらに、新曲『WE LIKE 2 PARTY』『BAE BAE』で大合唱となった。メンバー全員のアカペラを披露した『BAE BAE』の最後のパートについては、 “チャプサルトク”という歌詞について、V.Iが解説。「お餅のことなんです。僕たちはお餅(がくっつく)みたいに気が合う、という意味なんです」。すると、SOLが、「僕たちは、気が合わないんです」と言い返し、会場は爆笑の渦に。

 

大ヒットナンバー『FANTASTIC BABY』で、大阪会場定番の「オ〜サカサカ」のラップで盛り上げたT.O.Pは、「今日はヤバいです。僕たちのアルバムがもうすぐ出ます。今年末、ドームツアーでまた戻ってきます。そのときまで待っていてください」と挨拶。こうしたおなじみのスタイルもファンにはうれしい。G-DRAGONは、「今日はもう、帰りたくないです!」とファンに語りかけた。

image

アンコールは、『FEELING』や新曲『SOBER』を披露。歌っているV.Iの上にG-DRAGONが覆いかぶさり、さらに、その上にほかのメンバーも体を重ねてダンゴ状態に……そんな5人の変わらぬ仲のよさにファンは歓声を贈り続ける。この日、1時間あまりのステージで、新曲5曲を含む全12曲が披露した5人は、「大阪大好きや〜」と感謝の言葉でステージを後にした。

(撮影/加治屋 誠)

ファン待望のカムバックは、大盛況にて終了。海外アーティスト史上初となる3年連続日本4大ドーム公演『BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 〔MADE〕 IN JAPAN』は、11月12日から東京を皮切りにスタートする。

【関連記事】

BIGBANGのG-DRAGONを震え上がらせた名物キャスターの“キワドイ質問”

BIGBANG・SOLも!韓流アイドルが公開恋愛に踏み切るワケ

YGエンタの豚肉料理店に行ってみたら、BIGBANGのG-DRAGONがまさかの降臨!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング