最注目NAUGHTYBOYS なんでもありの“やんちゃ”トークを展開!

投稿日: 2017年02月07日 00:00 JST

image

 

2月8日にメジャー・セカンド・シングル『L.O.V.E.』をリリースするNAUGHTYBOYS「ノーティーボーイズ」。東京をベースにメンバー全員が長期滞在中の6人は、日本から世界を目指す韓国出身のボーイズグループとして、2017年注目のニューフェイス。昨年8月、シングル『DanCin'derella / Step By Step』でメジャー・デビューするや、オリコンの週間シングル・チャートで初登場9位を記録し、一躍注目を集めた。今回、女性自身「K☆STAR LOVERS」で初のインタビューを敢行。ライブで鍛えた爆笑トークとくとお読みください!! 

 

 

――今回、女性自身で初めて取材させていただくNAUGHTYBOYSさんです。まずは、みなさん一人ずつ自己紹介をお願いします。

 

ヒョビン:みなさんの力になりたいヒョビンです。

 

ヨンボ:見た目は冷たく見えるけれど、心は温かい男、幸せを呼ぶヨンボです。

 

エルミン:世界一歩く文化遺産、NAUGHTYBOYSのリーダー、エルミンです。

 

ジェハ:セクシーという言葉の持ち主、セクシージャイアントベイビー、ジェハです。

 

ソウン:ふわふわなカステラのような男、みなさんの致命的なオッパ、ソウンです。

 

G.O:ほかにはない狂った存在感、そして、クールな男、G.Oです。

 

image

――2016年8月にメジャーデビューする前は、どのような活動をしていたのでしょうか?

 

エルミン:新大久保の「K-Stage O!」というイベントヒールでずっとライブをやっていました。デビュー前にライブの経験をたくさん積んでいるので、ライブで鍛えたパフォーマンスが僕らの強みです。

 

――グループ名の由来が「やんちゃでいたずらっ子」をコンセプトだと聞きましたが、「メンバーのここがやんちゃだ!」というところを教えてください。

 

ジェハ:G.Oは顔からしてやんちゃだと思いませんか 表情が変態っぽいし、汚いです(笑)。G.Oはすることすべて、24時間ずっとやんちゃなんです。

 

エルミン:人のことをよくイジるしね。僕はG.Oを見るたびに驚きます。たとえば、家のなかが真っ暗でドアも閉まっているのに、ドアを開けて電気を点けると、そこにG.Oが変な顔をして待っていたりするんです。

 

――G.Oさんは人を驚かせるのが好きなんですか?

 

G.O:そうです。あと、寝ている子を叩き起こしたい感情にかられるんです。

 

ジェハ:この間、ヒョビンが自分の帽子をキレイに陳列しているのを見て、G.Oがその帽子を全部落としたんです。

 

ヒョビン:僕の物を触るのは、マジでやめてほしいんです。今、思い出しただけでも嫌な気持ちになっちゃう。

 

――いちばんやんちゃな人がG.Oだったら、2番目は誰?

 

一同:ジェハ!

 

ヒョビン:ジェハは手グセが悪いというか、お兄ちゃんたちのおっぱいやお尻を触るんです。

 

ジェハ:僕はお兄ちゃんみたいに大きなイタズラはしないんですよ。小さなことを歩きながらするというか。あと、行動よりも言葉のイジリが多いかなあ。

 

ヨンボ:表情がもう、イタズラっ子っていう顔をするんですよ。イタズラするとき、意地悪そうな顔をするんです。ふだんの顔と違うから、表情を見た瞬間、「こいつ、イタズラするな」っていうのがすぐにわかる。

 

image

――他のメンバーにこれだけは負けないと思うことは? 特技は?

 

ジェハ:僕は食べる量です。お腹いっぱいでも食べられるのがもう習慣になっていて、食べ物なら何でも好きです(笑)。

 

ヒョビン:僕は年です。末っ子で、スリムだから。

 

G.O:匂いだろう、匂い! スリムな体と足の匂い(笑)。

 

ヒョビン:花みたいな、キレイな香りなんです。

 

G.O:鼻にきたら死んでしまいそうな匂い。あと、そういう行動が女々しい。

 

ジェハ:花があれば、花びらから香りが漂うのに、この子の場合は茎だよ。

 

――他のメンバーは?

 

ソウン:僕はステキな笑顔です!

 

G.O:ソウンはほかのメンバーよりも顎が長い(笑)。

 

ヨンボ:あと、顔がシワっぽい(笑)。

 

ヒョビン:500円玉が入る鼻の穴!

 

ジェハ:お兄ちゃんは唇がセクシーです。それに、笑ったときの八重歯がセクシー!!

 

G.O:ソウンは性格も優しいし、ファンに対する態度もとてもソフトで。

 

image

――エルミンさんがほかのメンバーに負けないことは?

 

エルミン:サッカーです。あと、水泳もいちばん上手だと思いますし、スキーもできるし、ダンスも歌も上手だし、何でもできると思います。神様は僕に背だけくれなかった。

 

ヨンボ:でも、乳首が大きいですよね。

 

――ヨンボさんは? 

 

ヨンボ:僕は商売向きなんですよ。

 

ヒョビン:商売向きって、それなら芸能活動しないで、お店をやってよ!(笑)。

 

ヨンボ:そうなんだけど、ほかの人と比べたら、っていうことで。

 

G.O:ヨンボは体がムキムキなんですよ、ジムに通っているから。あと、雑学が多い。広く浅く知識があるって感じだよね。たまに、その知識が間違っていることもあるし。

 

ヨンボ:僕はしゃべらないといちばんカッコいいと思うんです。ビジュアルはいちばん美しいと思います。これは負けない!

 

G.O:僕は何でも負けない。勝てることならどんな手段でも勝つ。貪欲というか、欲が多いのに、面倒臭がり屋で。1回寝ちゃうと絶対起きないし、動かない。シロクマのように寝そべってるんです。コカ・コーラと一緒に(笑)。

 

image

――メンバーのなかで、結成当時よりも成長した人、いちばん変わったと思う人は?

 

G.O:俺は、ヒョビンがいちばん変わったと思います。初めてヒョビンに会ったとき、30歳くらいだと思ったくらい、昔は老け顔だったんです。でも、どんどんライブをするたびに若返って、ファンの応援と愛をもらってカッコよくなりました。男っぽくなったよね。

 

ジェハ:ヒョビンのファンは、今まで「声が好き」って人が多かったんです。でも、最近は、「顔も大好き」って言われるようになったんですよ。

 

G.O:ヒョビンの今の課題は体だよ。僕らに比べて、ヒョビンは骨!(笑)

 

ヒョビン:そうですね。体が細いのでがっちりした体格になりたいんです。

 

――日本語が得意なのは?

 

G.O:ヨンボとエルミンです。リーダーは、どこに行ってもたくさん話をしなきゃならないから上達が早い。ヨンボはアニメとかドラマから習得していますね。日本の作品に興味があるから。

 

ヨンボ:日本のアニメが大好きで、中学生のころからずっと見ています。

 

image

――2016年デビューを果たしましたが、どんな1年でしたか?

 

G.O:ファンのみなさんから多くの愛を受け取った1年だったと思います。僕たちも、ステージで一生懸命パフォーマンスしてきましたが、大変なときも、みなさんの応援を力にして頑張ることができました。僕らがここまでこられたのは、すべてファンのみなさんのおかげだと思っています。

 

――リリースイベントなどのファンの反応で印象に残っていることは?

 

G.O:ファンの表情が前と変わったなあと思いました。これまで、僕らの楽曲は明るくてキュートなものが多かったせいもあって、ファンから「かわいい!」って感じで見られていたんです。でも、今、僕らを見る目は、「カッコいい!」になって、それを見たときはうれしかったです。

 

ジェハ:見ていてドキドキして、「心臓が止まっちゃう」と言っているファンもいました。

 

ヒョビン:僕らのダンスに合わせて一緒に踊ってくれてファンを見たとき嬉しかったです。

 

ヨンボ:掛け声が大きいと気持ちがいいです。

 

エルビン:遠くから来場してくれる人がいると、本当にありがたいなあって思いますね。

 

ソウン:寒いのに外でずっと待っていてくれる人がいると申し訳ないなあって

思うよね。あと、ファンのなかには、僕たちも知らないスケジュール内容を早く知っている人がいるから驚きます(笑)。

 

――熱烈なファンが多いんですね。デビューを発表したときは、とても喜んだでしょうね。

 

ヨンボ:最初のミュージックビデオを見たとき泣いているファンも結構いましたね。

 

G.O:ようは、ファンが僕たちを育ててくれているんです。ファンの愛を受け取って、大きく育ったんだと思います。

 

image

――ライブ会場もどんどん大きいところを目指したいですか?

 

エルミン:もちろん、僕らはどんどん大きなところでライブができるようにならなきゃいけないと思っています。その一方で、ファンとの約束していることがあって、僕らがどんなに有名になっても、ずっと応援してくれたファンを絶対に忘れないということですね。いつも話しているんです。「人気が出ても、これまでどおり近い距離でもライブをするよ」って。初心を忘れずに、今のことを忘れずに、ということを心に誓ってこれからも活動していきたいと思います。

 

ヒョビン:ファンのなかには、離れていくのは悲しいけれども、大きなところに育っていってほしいというファンもいます。

 

G.O:僕たちが有名になって大きな会場でコンサートをやれるようになっても、2階席も、3階席も、みなさんの顔を探します。

 

――デビュー曲がオリコンウィークリーチャートで9位という結果はどう思いましたか? 

 

ジェハ:正直、デビュー曲でそんないい結果がもらえると思ってもいなかったです。メンバー同士、とても驚いたし、嬉しかったですね。というのも、僕らのデビュー日、じつは、有名なグループのリリースもあったので、どんな成績になるか心配だったんです。結果は、デイリーで4位、ウィークリー9位、山野楽器で1位を記録したので、本当にビックリしました。

 

――そしてこのたび、待望のセカンドシングル『L.O.V.E』が2月8日に発売になります。どんな1枚になりましたか?

 

G.O:全体的にカッコよくて、ワイルドな感じです。『Get Down』のミュージックビデオは、曲の世界観に本当にぴったりの場所で撮影しました。

 

――2017年はどんな年にしたいと思っていますか?

 

エルミン:まずは、セカンドシングルが出ますので、前作を超えるよい結果を出せたらいいですね。それには、より一層の努力が必要だと思います。

 

G.O:今の状況よりも一段ステップアップした姿を見たいです。

 

ヨンボ:2016年の反省を挽回していい結果を出したいです。

 

――NAUGHTYBOYSのライブって、MCも楽しそうですね。

 

G.O:僕たち、99%アドリブです。台本がないんですよ。1%残っているのは、トークのテーマだけは決めるからで。同じリリースイベントでも、会場によって毎回トークの内容は違います。

 

ヒョビン:トーク時間がなかったら、僕たちは今、ここにいないかも(笑)。

 

ジェハ:そうそう、トークは僕らのチャーミングポイントです。ラジオのレギュラー番組もあって、日本語で話しています。

 

――2017年、プライベートでやってみたいことは?

 

エルミン:いい成績を出して、1,000席くらいの会場が埋められるようになったら、メンバーみんなで遊びにいきたいなあ、ハワイとか。

 

ヨンボ:アロハ!?

 

G.O:ハワイは日本人がたくさんいるって聞きました。ハワイは海がキレイだけど、ヒョビンが入ったら海が……。いい病院を探してあげてください。

 

ヒョビン:また、その話に戻るの~~。匂いの話は、遡ると2014年の1月からなんですよ。

 

G.O:僕の洗濯物をたまたまヒョビンが踏んで、それを拾い上げたらすごい匂いだったんです。3秒しか踏んでいないのに。この話はライブでもよく話しているので、書いてもらって大丈夫です。

 

ジェハ:全国でヒョビンの匂いを紹介してください。

 

ヒョビン:ファンクラブ以外の人には、まだ知らせたくないですよ。

 

ヨンボ:ヒョビンの匂いがきになる人はライブにきてください!

 

image

メジャー・セカンド・シングル『L.O.V.E.』

2017年2月8日(水)発売

 

UNIVERSAL MUSIC STORE

http://store.universal-music.co.jp/artist/naughtyboys/

 

【Naughtyboys japan 2nd single release concert[L.O.V.E.]】

LIVEに無料ご招待!

詳細はこちら:http://naughtyboys-official.com/topics/detail/index/19920

 

オフィシャル・サイト

http://naughtyboys-official.com/

 

ユニバーサルミュージック レーベル公式サイト

http://www.universal-music.co.jp/naughtyboys

【関連記事】

初登場NAUGHTY BOYS “やんちゃ”ボーイからコメント到着!

B1A4 日本で新シングル発表!会見でメンバー個性炸裂する
U-KISSがパニック状況に! そのときメンバーたちの対応は…

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング