最強★男女逆転学園ラブコメディー!!応援 舞台挨拶

投稿日: 2012年09月04日 00:00 JST

image

人気漫画家・新條まゆの同名大ヒットコミックを映画化した『愛を歌うより俺に溺れろ!』の応援舞台挨拶が角川シネマ新宿にて行われた。本日は、大国男児のメンバーの1人であるカラムの映画初出演で主演作品ということで、主題歌を担当したK-POPアイドルグループ、大国男児のメンバーが応援に駆け付け、会場が多くの女性ファンで埋め尽くされた。大国男児が登場すると、会場は一気にヒートアップし、メンバーへの声援が飛び交った。
カラムが、「初めての映画出演で、さらに主演で、とても嬉しかったですが、周りの期待に応えられるか心配でした。でも、今日みんなに喜んでもらえてよかったです」と挨拶すると、会場の女性ファンからは「おもしろかったよ!」と歓声が起こった。今回、メンバーの1人であるカラムが日本の映画に出演ということで、インジュンは「カラムが上手に出来るよう、全力でアドバイスしました!」と答え、ジェイは「僕も夜中にセリフ練習を手伝いましたが、台本が日本語だったから難しかったです」と、大国男児のメンバー全員でカラムの応援とサポートをしたことを明かすと、会場からは大きな拍手が起こった。
また、劇中でカラム演じる秋羅の「おれの姫、おいで」という胸キュン必至のセリフを、大国男児メンバー全員でやることになり、メンバー全員それぞれの言う甘~いセリフにファンは大興奮。
その後、カラムとW主演をした大野いとがスペシャルゲストとして登場し、大国男児の“おれの姫、おいで”は、誰のバージョンが一番良かったかを聞かれると、カラムが隣にいるにも関わらず、「インジュンさんです。一番男らしかった気がするので」と答え、カラムは「(自分が演じたセリフなのに)僕じゃなくてびっくりです(笑)もうちょっと頑張ります」とちょっと悔しい思いをするハメに。大野いとは、大国男児へエールを込めて、作品にちなんだ青い薔薇の花束を渡した。
最後にカラムは「いとちゃんも含め、色んな人とこの仕事で関われて嬉しかったし、皆さんに愛されていることが今日分かったので、とても幸せな人生だなと思います。これからも映画の応援よろしくお願いします」と自身の初主演映画をアピールした。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング