「私の耳にキャンディ」チャン・グンソク、愛嬌たっぷりな魅力で再びお茶の間を魅了

投稿日: 2016年09月02日 16:00 JST

image
(写真/CJ E&M)

俳優チャン・グンソクが、愛嬌たっぷりな魅力で再びお茶の間を魅了した。

1日に放送されたtvNリアルバラエティ「私の耳にキャンディ」(演出:ユ・ハクチャン)では、1人目のキャンディであるハイグ(女優ユ・インナ)を恋しがるチャン・グンソクが、自分を“シベリアンハスキー”と名乗る新しいキャンディと通話する場面が描かれた。

“ハスキー”は、チャン・グンソクのことを“ヨンソギ”(こいつをかわいい感じで呼ぶ時に使う)という愛称で呼びながら、虚を突く仰天な発言でチャン・グンソクを当惑させた。 ときめく気持ちで秘密電話をしていたハイグとは全く違うタイプの新キャンディは、その堂々とした口ぶりでアジアプリンス、チャン・グンソクを思いのままにしていた。さらに、甘いコメントを言う彼に、ハスキーは「へたな細工はやめてね」「こら!」と返し、猪突的な姿勢をみせながらチャン・グンソクをいわば“メンタル崩壊”の状態にさせ、そんな彼の姿は視聴者にも新鮮な笑いを与えた。

しかし、チャン・グンソクは、彼女のことを“ヌナ(お姉さん)”と呼びながら、隠していた愛嬌本能を発揮し、ハイグと電話する時に聞かせてくれたはちみつのような声とコメントは、ハスキーとの電話では可愛らしい年下男で弟のような面をみせ、もう一度女心を狙撃した。また、自身の過去と現在を気楽に語ったり、今年の誕生日にファンや知人からもらったプレゼントをスマホ映像でみせるなど、テレビではなかなか見られなかった日常の一面を公開してくれた。

(記事提供/THE FACT JAPAN)
http://www.thefactjp.com/

【関連記事】

チャン・グンソク「愛してるよ!」来日ツアーでファン熱狂

チャン・グンソク、監督として「富川国際ファンタスティック映画祭」のGV・オープントーク出席へ
チャン・グンソクが「応答せよ1994」監督とタッグ!初のリアリティ挑戦で“リアルなグンソク”に出会える

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング