アイドルにモザイクも…中国「韓流禁止」でスター続々来日か

投稿日: 2016年12月16日 17:00 JST

image

 

韓国芸能界が大騒ぎだ。中国政府が韓流スターを国内から締め出す“限韓令(韓流禁止令)”をテレビ局や興行会社に通達したという。その結果、韓流スターの出演番組の放送中止やCM降板、イベント中止が次々と判明、スターだけでなく、韓国の芸能関係者までが入国拒否に――。

 

「中国政府が“見せしめ”として、ファンに影響力のある韓流スターや作品をターゲットにしているようです。ソン・ジュンギ(31)やチョン・ジヒョン(35)がいい例で、2人は中国でトップ3に入るスマホメーカーのCMモデルに抜擢されていましたが、2人とも降板させられました。また、『チャングムの誓い』のイ・ヨンエ(45)が13年ぶりに出演したドラマ『師任堂』も、今年10月に中国と韓国で同時に放送開始されるはずでしたが、中国での放送許可が下りずに延期されました」(韓流雑誌編集者)

 

さらに信じられないことまで――。『江南スタイル』を世界中に大流行させたPSY(38)は、中国でレギュラー出演する音楽番組『THE REMIX』に出演した際、顔や全身をモザイクで消されて“いなかったこと”にされた。人気アイドルグループ『iKON』も、出演番組から消されるはめに……。今回紹介したのはこれでもごく一部。尋常な嫌がらせではない。

 

だが、中国で“わが世の春”を謳歌していた韓流スターが、なぜこんなことに?

 

「発端は、今年7月にアメリカと韓国が、北朝鮮の脅威に備えるためとして、米軍の最新鋭迎撃ミサイル(THAAD)を在韓米軍に配備するという決定をしたことです。米軍の最新ミサイルとその運用のためのレーダーが自国近くに配備されることに、中国は猛反発していましたが、韓国は聞かなかった。これがきっかけで、限韓令が発動されたのです」(外信部記者)

 

弱りきっている韓国芸能界。いちるの望みを託しているのが、来年1月に就任するトランプ次期米国大統領(70)だ。“トランプ当選”を当初から予想していた評論家の副島隆彦さんがこう話す。

 

「トランプは中国を重視しており、今後の安全保障については、アメリカと中国で決めるべきと考えています。THAAD配備計画を“棚上げ”する可能性はありますね」

 

そうなれば、たしかに中国政府が韓国をいじめる理由もなくなるが――。その前に、すでに“脱中国”に動きだした韓流芸能関係者もいる。

 

11月25日。東京・四谷の韓国文化院で、イベント「KMA JAPAN発足&レセプション 韓流再跳躍の東京宣言」が行われた。出席したのはプロダクション社長ら韓国芸能関係者と日本の韓流メディア関係者の100人ほど。

 

「じつはこの集まりは、ピンチはチャンスとばかりに、中国で“韓流禁止令”が出たいま、日本で再び韓流ブームを起こそうと関係者が集まった決起集会でした」(出席者)

 

スターも日本に再び顔を向け始めている。大ブレーク中の俳優パク・ボゴム(23)は、来年2月に初の来日ファン集会を東京で開くことを発表。アイドルグループも次々と来日ファン集会の開催を告知した。これまでの“中国重視”が嘘のような動きだ。

 

「好きな韓流スターが高額なギャラに引かれ、中国にばかり目を向けていて寂しい思いをしていた日本のファンは多いと思います。今回、安定した“韓流マーケット”である日本を“やっぱり大切な市場だよね”と韓国側が再認識してくれるきっかけになるといいですね」(韓流ナビゲーター・田代親世さん)

 

来年は大物来日ラッシュ!?

【関連記事】

中国では“韓流禁止令”!日本では韓流復活の動き

1日500件…報道されない中国“貧困テロ”の実態
上海で横行!中国茶7杯で9万円のボッタクリ手口

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング