イ・ビョンホン 映画祭の受賞スピーチで苦言「変化が必要」

投稿日: 2016年12月29日 11:00 JST

image

 

韓国代表映画祭である「大鐘賞」に多くの俳優と製作陣が不参加した中、主演男優賞を受賞したイ・ビョンホンが受賞所感で「大鐘賞」の改革を求める苦言を呈し、注目を浴びている。

 

第53回大鐘賞映画祭が27日、ソウル・広津区の世宗大学校で開かれた。今年最高のヒット作の一つである「インサイダーズ/内部者たち」に出演し素晴らしい演技を見せてくれたイ・ビョンホンはこの日、主演男優賞を受賞し、もう一度自身の真価を証明した。

 

ところが、彼は受賞所感で大鐘賞側の問題点に触れ苦言を呈した。イ・ビョンホンは「約20年前、私は新人賞を受賞し、大鐘賞の舞台に初めて立ちました。俳優なら誰もが一度はぜひ立ちたい名誉ある授賞式だったので、ときめく気持ちと興奮で授賞式に参加したことが思い出されます」と話し始めた。

 

続いて「今日の授賞式に来る際にいろいろなことを考えました。正直言いますと、賞を受ける喜びより、重い気持ちできました。大鐘賞は、これまで多くの問題点が議論されましたが、まだその問題点が解決されていないと思います」とし「名誉を以前のように取り戻すことは短時間ではできないと思います。しかし、53年という長い時間にかけて名誉ある授賞式が不名誉になってこのままなくなることはさらに間違いだと思います」と自身の主観を明らかにした。

 

また、「一つになって一緒に悩み、努力する瞬間、変化が始まるのではないかと思います」と大鐘賞の改革を求めた。

 

大鐘賞はこれまで、不透明な授賞基準、強圧的な参加要求などで、多くの映画人らの改善の要求を受けたが、無視するような高圧的な態度をみせ、非難を浴びた。これに反発した映画人の授賞式不参加が拡大し、大鐘賞の存続まで問われた事態まで至った。今年も紆余曲折の末、開催はしたが、主な受賞者らが参加せず、奇妙な授賞式となった。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)

http://www.thefactjp.com/

【関連記事】

イ・ビョンホンが妻の前で別の女性とスキンシップ騒動に事務所が「親しい知人」と釈明

イ・ビョンホン妻 出産後も変わらぬ美貌に韓国メディアが殺到
イ・ビョンホン、トロント国際映画祭開幕作「マグニフィセント・セブン」のために9月出国

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング