BIGBANGの後輩“WINNER”1時間のロングインタビュー全文掲載!~イ・スンフン~

投稿日: 2014年07月31日 19:00 JST

image

 

‘13年、韓国の大手芸能事務所YGエンターテイメントからBIGBANG以来、約8年ぶりに新人ボーイズグループ“WINNER”が誕生!同じ練習生のBチームとデビューをかけて戦ったサバイバル番組『WIN: WHO IS NEXT』は、日本でも放送され大きな話題を呼んだ。昨年の12月、BIGBANGの6大ドームツアーに参加中の彼らに直撃。メンバーは初のステージで何を感じたのか!?正式デビュー直前にインタビュー全文を掲載!

(※インタビュー日:2013年12月21日)

 

イ・スンフン(Lee Seunghoon/22)

ダンス&ラップ担当。ミンホの低音と絶妙なバランスを生み出す高音のラップが魅力的で、振り付けを考えたりとパフォーマンスの演出能力も高い。練習生になる前からYGに憧れていて、会社の近くに住むほどYGヘの想いが強い一面も。

 

― 東京ドームはどうでしたか?

もう東京ドーム公演の最終日。とてもさみしいです。もっと東京を楽しみたかったのに、あっという間に終わってしまいました。今後、僕たちが東京で公演する機会があれば更に楽しくできるようになりたいです。

 

-なるほど。WINNERの初ステージは11月16日の西武ドームでしたね。

韓国にはドームがないので、どれほどすごいステージなのか知らなかったです。実際に中に入ったとき、観客がいない状態でも規模の大きさに圧倒されました。言語の違う日本の方たちを感動させられるのかという不安もありました。

 

-『WIN:WHO IS NEXT』で特に印象的だった出来事は?

JYPエンターテインメントの練習生との対決。いつもYGという名を背負い、他の事務所には絶対に負けない!という気持ちで練習していましたが、実際に対決することに。何が何でも勝たなければ!と思いました。しかし、思っていたより結果が良くなくて・・・記憶に残りました。

 

-ファイナルステージの結果発表でAチームと呼ばれたときの感想を教えてください。

脚の力がガクッと抜けました。これは現実なのか?と疑ってしまうほど。状況をつかめませんでした。

 

―WINNERはどんなグループですか?

僕たちはBIGBANGの後輩です。YGエンターテイメントらしさを受け継ぎながらも、BIGABANGとは異なる魅力があります。今はアルバムの準備中。先輩たちがやってこなかったことをWINNERのスタイルでやりたいですね。

 

―同じラップ担当のミンホさんについて紹介してください。

ミンホはステージではパワフルでカリスマ!でも、普段は子どものように可愛くて面白いんですよ。

 

―共同生活をするなかで当番はありますか?

僕は犬を飼っているので犬担当!

 

-日本に来て覚えた言葉はありますか?

「ぜひ」僕のコメントに出てくるのですが、ニュアンスが難しいです。

 

-『WINNER TV』で挑戦したいことは?

『WIN』があって『WINNER TV』が始まったので、僕たちの曲やステージ上の映像が放送されたら嬉しいなぁ。

 

-今後の個人的な目標はありますか?

僕は前からBIGBANGのファンでした。実際にみても本当にカッコイイんです。僕も将来、子どもにカッコイイ!あんな人になりたい!と憧れてもらえるようなアーティストになりたいです。

 

【関連記事】

『WINNER』デビュー前にして、大阪・セルシー広場を8000人のWINNERファンが埋め尽くす!!

ファイナルバトルにてWINメンバーが披露した自作曲の音源を、 itunesにて緊急リリース!!
YG期待の新人WINNER直撃取材の裏側!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング