「あの人をやっと斬れた」TOKIO松岡が熱く語る時代劇俳優とは

投稿日: 2014年12月21日 07:00 JST

「『大江戸捜査網』の決めゼリフって自分の名前なんですよ。だから、台本をもらう前から、『同じく、秋草新十郎』ってつぶやいていました(笑)」

 

そう語るのは、新春ワイド時代劇『大江戸捜査網2015 隠密同心、悪を斬る!』(1月2日、テレビ東京系・午後6時〜)で秋草新十郎を演じる松岡昌宏。子どもころから、時代劇が大、大、大好きで、『大忠臣蔵』(’94年・TBS系)をはじめ、これまでに数々の時代劇に出演してきた。

 

そんな彼が、時代劇評論家のペリー荻野さんを相手に、時代劇についてマニアックに語ってくれた。誰しも好きなものを語るときは熱くなるものだが、ただでさえ熱い男が語るのだから、それはもう激アツです!

 

ペリー「松岡さんにとって時代劇とは?」

 

松岡「東京での仕事モードと、京都の撮影所ってまったく違って。京都に行ったらほかの仕事はしない、それだけのために生きているんです。その素晴らしさかな。朝、サウナに入ってから撮影所に行って、ストレッチ後にメーク。気持ちを作って、かつら、衣装をつけて呼び出される前の5分間……って、リズムを作っていくことで、より人間らしくいられる。だからといって、時代劇だけじゃダメなの。音楽、バラエティ、ドラマもやっていないと。つまり、どっちも頑張っていたいってことです」

 

ペリー「京都ではのびのびされていると」

 

松岡「京都でしか会えない人もたくさんいますしね。ホテルに着いたら、夜中におなかがすいたとき用の軽食とか、お酒を用意するのも楽しくて。ある種の単身赴任だから」

 

ペリー「勝手に単身赴任(笑)」

 

松岡「TOKIOから出て単身ね。終わったら銭湯に行って、番台のオバサンに『どんなシーンとったの』って聞かれて、全裸で答えたり(笑)」

 

ペリー「さて、今回の『大江戸捜査網』では“5万回斬られた男”と言われる、斬られ役の福本清三さんを初めて斬られたそうですが」

 

松岡「さすがに斬ったときは熱いものがこみ上げてきました。やっと時代劇をやっている人間だと言えます。16歳で初めて東映に行って、21年かかった。『天と地と』(’08年・テレビ朝日系)は主役だから福本先生を斬れるかと思ったら、的場(浩司)のアニキが斬っちゃって(笑)」

【関連記事】

人気の40代俳優 既婚女性は西島、独身は福山に支持集中

瑛太、小栗、松田龍平…ムロツヨシの周囲に俳優が集う理由
再出発の田中聖「バー閉店&俳優オファー拒否」で退路断つ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング