人間の限界に挑戦!?滝沢秀明の意外なプライベート

投稿日: 2016年12月02日 12:00 JST

image

 

「サバイバルが好きなんですよね。人間が立ち入らない場所に行きたい願望があるんです。『入っちゃいけません』っていうのは、人間が決めたルールだから、自分が見たいし行ってみたいんです」

 

そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第72回のゲスト・タッキーこと滝沢秀明(34)。14〜15歳から、ジャニーズJr.約120人をまとめ、Jr.黄金期をけん引したタッキー。中山とはデビュー当時以来、約20年ぶりの再会。和気あいあいとした雰囲気で対談スタート!2人にじっくり語っていただきました。

 

中山「プライベートでハマっていることは?」

 

滝沢「スキューバダイビングです。つい最近始めたばかりなんですが、今まで自分が食べていたり、お店で見たことがあったり、名前を知っている魚が海にはうじゃうじゃいるんですよ。目の前で『あっ!イカだっ!』って(笑)。なんだか不思議なんです。料理で出てくる魚が、自分の目の前で生活している姿を見ているって」

 

中山「始めたきっかけは?」

 

滝沢「30歳を過ぎてから、自然が好きになって、山登りにハマっていたんです。富士山は当然登りましたし、日本だけではなく海外の山も登りました。山だけではなく、砂漠にも行ったりしましたね。陸は結構制覇したので、次は海に挑戦しようと思って」

 

中山「オフはリゾート地でゆっくりするとかじゃなくていいんだ」

 

滝沢「テントのほうが好きですね。プライベートの友人8人くらいで行くのですが、テントも食料も水も全部自分たちで準備して、持っていくんです。当然、お風呂もないので、ドロドロになりますね」

 

中山「わざわざ過酷な状況に……」

 

滝沢「雨風は何かをかぶればどうにかなりますが、気温だけはどうにもならないですね。寒ければ着込めばいいんですけど、暑さだけは本当にどうしようもない。気温54度の砂漠では、日陰がないので、干からびるかと思いました。自分たちで日陰を作って、とにかく動かないようにしていましたね。汗をかくと、水分も減るので」

 

中山「ひたすら耐えるしかない?」

 

滝沢「でも、半日耐えればいいんです。夜が来ますから。だから、日本にいると、なんでもすぐに手に入るし、本当に贅沢だなって思いますね。僕が自然に身を投じるのは、『人間とは』という人間の根本を感じるため。限界に挑戦するといいますか」

 

中山「へぇ〜!意外ですね!」

 

滝沢「ダイビングはまだ初心者なので、これからですけど、経験を積みたいです。沈没船や海底都市には興味があるので、自分の目で見てみたいですね」

【関連記事】

タキツバ、後輩が証言 異色ジャニーズ“屋良朝幸”はこんな男

松本潤が語る「けっこう普通」な“幸福”プライベート
プライベートもマザコン認める!?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング