嵐、TOKIO、V6、関ジャニ∞……元旦の川崎大師で厄除け初詣

投稿日: 2017年01月06日 06:00 JST

image

 

2017年元日の未明2時過ぎ。神奈川県の川崎大師に、『NHK紅白歌合戦』とカウントダウンコンサートを終えたジャニーズ事務所の車が入ってきた。車から降りてきたのは嵐、TOKIO、V6、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMPといったジャニーズの人気グループたちだ。みな祈祷所に入っていく。

 

1時間後、初の紅白単独司会を務め、「ポンコツ司会者」と自虐した嵐の相葉雅紀(34)も笑顔で姿を現わした。

 

ジャニーズ事務所にとって2016年は、「厄年」だった。木村拓哉(44)と、中居正広(44)ら4人の対立に端を発した一連の騒動は、大晦日をもってのSMAP解散という最悪の形で幕を閉じた。その厄を払うかのような初詣。10年以上前からの恒例行事だが、今年は例年にない厳戒態勢だった。

 

「毎年、開いている玄関のシャッターが半分閉じられ、中の灯りが消されていました。規制線も遠くされたので、メンバーたちの姿はほとんど見えませんでした」(現場のジャニーズファン)

 

事務所の重鎮が今年は欠席した。

 

「例年はメリー喜多川副社長が皆を率いて参拝をする。だが、今年は藤島ジュリー景子副社長だけ。メリーさんは90歳と高齢だけに、健康面を考えて見送ったようだ」(ジャニーズ関係者)

 

しかし、ジュリー氏の姿は報道陣やファンが待つ玄関口では確認できず。それでも、この初詣はジャニーズ帝国の威厳を見せつけるに十分だった。

 

「所属タレントにとって、半ば参加が『義務』の恒例行事となっている。ジャニーズの団結を確かめる意味がある」(別のジャニーズ関係者)

 

だがSMAPはずっと参加しなかった。

 

「昨年退社した元マネージャーが、『行く必要がない』と仕事後は自由にさせていた」(同前)

 

大晦日、木村は自宅で家族と過ごし、木村を除く4人は、元メンバーでオートレーサーの森且行(42)を招いて、都内の飲食店でSMAPの「解散式」をおこなった。木村と4人の間の深い溝を感じさせる年越しだった――。

 

(週刊FLASH 2017年1月17日、24日号)

【関連記事】

「SMAP」と「ビートルズ」に共通する「グループが解散する条件」

SMAP ジャニーズの不文律破り…「アイドル冬の時代」の足跡
キムタク「器械体操部」で「側転4分の1ひねり」が得意だった中学時代

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング