風間俊介が語る『純と愛』「思いっきり気持ち悪くやった」

投稿日: 2012年12月01日 00:00 JST

 

風間俊介が語る『純と愛』「思いっきり気持ち悪くやった」

NHK朝ドラ『純と愛』で愛(いとし)役を務める風間俊介(29)。ボサボサ髪の不気味な風貌でヒロインのストーカーという強烈な役柄を見事に演じ、注目が集まっている。もともとジャニーズ俳優陣のなかでもひときわ異彩を放っている彼がインタビューに応えてくれた。

 

――朝ドラ出演の話を聞いたときのお気持ちは?

 

「”いいんですかねえ?僕で”って。今まで朝ドラの相手役といえば、向井理さん、松坂桃李くん、綾野剛……。でも(脚本家の)遊川さんは『イケメンはいらないから』って(笑)。それに台本を読むと、びっくりすることだらけで。『思いっきりやっちゃいますけどいいですよね?』って聞いたら『大丈夫です』と。じゃあ、思いっきり気持ち悪くやりますよって言って演じ始めました」

 

彼自身は陽気で人懐っこい性格。面白い人と思われたくて、バラエティに出ると芸人さんみたいなノリになっちゃう、という。

 

「ジャニーズですけど、イケメンのくくりに入ったことは一度もないんです。自分でも思ったことないし。僕は近親感のわく、親戚のお兄ちゃん的存在がいい。フツーの感じでいたいんです」

 

しかし役者としては’11年、ドラマ『それでも、生きてゆく』で7歳の少女を殺し、心に闇を抱えたまま名前を変えて生活している男を演じて、日本放送映画藝術大賞の優秀助演男優賞を受賞している。

 

――屈折した少年、犯罪者、元殺人犯など、特殊な役を演じることが多いですよね。

 

「特殊な役って、物語を動かす役割がある。そんな役をいただけて本当にありがたいです。僕、アンソニー・ホプキンスになりたかったんです。厳格な役もやりながら、映画『羊たちの沈黙』では狂気の博士役をやってしまう。主役でなく脇役なのがいい。主役は主役で大変だけど、脇役もいろいろやらなければならないことがあるし、面白いんですよね」

 

【関連記事】

10月スタート朝ドラ『純と愛』「深夜ドラマっぽい」の声

朝ドラ・夏菜 100本以上オーディション落ちた下積み時代
夏菜 『ミタ』脚本家から洗礼「褒められたことない」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング