第5回 亀梨和也取材日記

投稿日: 2009年07月07日 00:00 JST

第5回 亀梨和也取材日記

亀梨和也さんと初めて取材で会ったのは今から3年ほど前。当時、まだ10代だった亀梨さんは、しかし、とても堂々としていました。

そして、聞かれたことに対して、通りいっぺんの返答をするのではなく、自分の言葉でその心の内にある思いを語る姿は凛凛しく、アイドルという言葉のもつポップなイメージとは違う、硬派な人という印象を受けました。

そうして何度か取材を重ねたある時、多忙を極める亀梨さんに「どうしてそんなに頑張れるんですか?」と、聞いたことがありました。

ちょ うど自分が忙しさに折れそうになっていたので、心よりそんな質問が出たのでしょうか。すると亀梨さんは言いました「辛いのは一瞬。作品は一生。どんなに大 変でもそこで頑張らなかったら、絶対後で後悔すると思うから……」と。その言葉は、今も私の心にずっと残っています。亀梨和也という人に、それから何度も 会いました。現在22歳の彼の印象は、硬派という当時の印象と変わりません。どんな状況下であっても、ベストを尽くそうというプロ意識はますます高く なっているように思えます。亀梨さんに会うと「ベストを尽くしているの?」と、問いかけられている気がして、身が引き締まるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング