【衝撃】雷雨でも動かない鳥”ハシビロコウ”の捕食がすごい

投稿日: 2016年06月17日 16:00 JST

ネットで“雷雨にも動じない鳥”と話題になっているハシビロコウ。その、じっと動かない姿が“奇妙でかわいい”と動物園の隠れた人気者になっているという情報を聞きつけ、実際に東京・上野動物園に行ってみた。

 

ハシビロコウは全長130cm前後、体重は5~7kgほどで、鳥類のなかでは大型に分類され、もともとは東アフリカのタンザニアやエチオピア周辺に生息している。和名は“嘴(ハシ)が広いコウノトリ”から名付けたと言われている。

 

なんとも言えない間合いがかわいいハシビロコウだが、近年は個体数が減少。現在は絶滅危惧種Ⅱに指定され、ワシントン条約によって国際取引が規制されている。

 

案内をしてくれた教育普及課の今西さん曰く、お土産グッズのなかでもハシビロコウのぬいぐるみやTシャツがよく売れていて、動く瞬間を撮りたいと開園から柵の前でカメラを構えている人もいるという。

 

この日は小雨が降っていたが、ハシビロコウの柵の前には、動く瞬間を見ようと待っている来園者たちの姿があった。その目線の先にいるハシビロコウは、確かにこちらを見つめたまま動かない。

 

しかし、数分後、おもむろに目の前の水路を見つめはじめた。そして、ゆっくりと羽を広げたかと思うと一気に水のなかに頭をつっこみ、泳いでいた魚を捕食した。

 

同動物園で約30年間、勤務している今西さんも「捕食しているところをはじめて見ました」と少々驚いた表情。動かない鳥が動いた、奇跡の瞬間だった。

 

(撮影協力/上野動物園、動画/Bravoworks,inc.)

【関連記事】

北米の先住民カスカの狩猟に学ぶ「人間と動物の共生」

にゃうにゃう猫生相談「動物病院へ行くタイミングは?」

風太、わさお、崖っぷち犬…話題つくったあの動物は今

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング