ガッツ石松が語っていたケンカの秘訣は「戦車隊&航空隊」

投稿日: 2016年09月05日 06:00 JST

image

作家・向谷匡史氏の近著『ヤクザ式 最後に勝つ「危機回避術」』(光文社新書)から、かつてガッツ石松氏が語っていた「喧嘩の要諦」を公開しよう。

 

 

私たちは、「逃げる」をカッコ悪いことと思ってはいないだろうか。

 

とくに一般市民は危機に遭遇することが少ないため、いざトラブになっても、「男は退いてはならない」と理想の概念でとらえてしまう。逃げることをカッコ悪いと思ってしまう。さっさと逃げればよさそうなものを、やけっぱちになって飛びかかっていく。勝てればいいが、ヘタすりゃサンドバッグ。ボロ雑巾にされてしまうことだろう。

 

「ヤバイと思ったら逃げよ」と説くのは、人気タレントのガッツ石松氏だ。元WBC世界ライト級チャンピオンで、武勇伝は数知れずという「ケンカのプロ」でもある。そのガッツ氏に取材したとき、ケンカの要諦について、こんな名言を口にした。

 

「来るならこんかい戦車隊。来たら逃げるぜ航空隊」

 

どういうことかというと、「来るならこんかい!」と戦車隊を率いる気概でバーンと威嚇する。それで相手が恐れ入ってくれればよし。「上等じゃねぇか!」と居直って攻めてきたら、「逃げるぜ航空隊」で素早く離陸し、スタコラサッサと退却。

 

「被害者」として交番に駆け込めば、あとはお巡りさんが処理してくれる──というのがプロのケンカ術だと説明してくれた。ガッツ氏の言葉には、「逃げるのはカッコ悪い」といった軟弱なヒロイズムは微塵(みじん)もないのだ。

【関連記事】

ヤクザのケンカ「相手の力量」を推し量る「虚々実々」の舌戦

「バッジの値段は?」知りたいヤクザのQ&A
ヤクザの情報戦に学ぶ「気に入らない上司」の足の引っ張り方

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング