【動画】めちゃカワ☆ 初めてでもわかりやすい動物ボンボン「卵」と「ひよこ」の作り方

投稿日: 2016年10月17日 22:00 JST

image

お手軽手芸好きのみなさんの間で「カワイイ~☆」と盛り上がってる「動物ボンボン」。
くるくる巻いた毛糸をふわふわの球状に仕上げた“ボンボン”を
ハサミでチョキチョキ、好みの形に。
で、目や口なんかをつければ、ふわカワな「動物ボンボン」の誕生です☆

 

動物ボンボンの“素”、「球状のボンボン」を作るのには、ちょっとした準備を。

必要なのは
★好みの毛糸(たとえば「ハマナカ ティノ」とか)
★先端の細い、よく切れるハサミ

そしてもっとも大事なのが……
★プレートに毛糸を巻きつけることで手軽に球状のボンボンを
作り出せる道具「くるくるボンボン」。
あの手芸糸の「ハマナカ」さんの商品です。
以上。

 

今回は初めての方にも作りやすい、
なのにかな~りふわカワ☆でヤラれちゃう☆☆「卵」と「ひよこ」の作り方をご紹介。
卵は、白い糸で作ったボンボンを「卵形」にハサミでトリミングするだけ。
「ひよこ」は、黄色い糸で作ったボンボンをそれっぽい形にトリミングして、
目とくちばしを付けてあげる(→ともかく動画ご覧くださいませ)。

 

「女性自身」本誌誌面を作ったスタッフも、撮影しながら
続々とその予想外のふわカワ感にヤラれまくってしまった☆動物ボンボン、
リアルに触れてしまうと、もうあの触り心地がタマらなくって、トドメの一撃☆☆
ぜひ、作ってみてくださいね♪

【関連記事】

抜け毛も宝物に…ネコ好きがハマる「猫毛アート」って?

一流手芸デザイナーの仕事論 学んだサンリオ流物作り
FP主婦が実践する「“手作り品”で増税を乗り切る知恵」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング