ゆとりある老後生活を送るには、60歳の時点でいくら必要?

投稿日: 2016年11月10日 17:00 JST

image

 

度重なる制度改正が行われている公的年金。庶民にとっては、将来の年金が減らされる“不安”が募るばかり。また、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用する137兆円もの年金資金が、株価暴落によってピーク時より直近1年で10兆円も目減りしていることもわかった。これでは公的年金が“100年安心”というのも、にわかに信じられなくなる。

 

社会保険労務士の井戸美枝さんは、さらに企業年金にも目を向ける。

 

「企業年金の運用が、非常に難しくなってきています。『適格退職年金」という企業年金の制度も、目標であった運用利率5.5%を維持できず、'11年度をもって廃止されました。しかもこの制度を利用していた企業の40%が、次の手段を打っていないというのが現状です」

 

年金と同様に、サラリーマンの老後資金の柱となる「退職金」も減額される傾向にあるという。年金や退職金の減額をカバーするために、少しでも多くの貯蓄をしたいところだが、いったいどれほど老後資金を確保しておけば安心と言えるのだろうか。井戸さんは次のように話す。

 

「総務省が行っている家計調査では、世帯主が65歳以上の退職している世帯の月の支出は、食費6万6,620円、水道光熱費2万2,234円、医療費が1万4,980円など、合計で約27万6,000円になると報告されています」

 

生命保険文化センターの意識調査では、夫婦2人で最低限の日常生活を送るためには月22万円、ゆとりがある生活レベルにするためには35万4,000円が必要と算出している。60歳からの平均余命を男性20年・女性27年として、年金や貯蓄を合わせて、それぞれ7,000万円、1億円が必要ということになる。

 

「この金額は意外と多いと感じるかもしれませんが、長い老後生活、お金に困るよりも、ゆとりのある生活を送りたいものです」(井戸さん)

【関連記事】

独居の老後生活安定には「貯蓄1000万円を」と専門家

老後破産避けるために「主婦は40歳から70歳まで働く時代」と専門家
繰り上げ返済があだに…住宅ローンが引き起こす老後破産

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング