歯磨きからトイレまで…「神経を若返らせる生活習慣5」

投稿日: 2016年12月07日 06:00 JST

image

 

「神経は、脳からの指令を全身に、また全身で得た情報を脳に伝える働きがあります。脳から体に『動けー!』と指令が出ても、神経が老化していると、体はスムーズには動きません。神経が“つまった”状態になってしまい、指令がうまく届かないからです。全身から得た情報も、脳まできちんと届かないので、物忘れや記憶力低下が進む。そして、認知症になってしまうんです」

 

そう話すのは、脳神経外科医の工藤千秋先生。都内にある「くどうちあき脳神経外科クリニック」院長で、これまで39万人を診てきた名医として知られている。工藤先生は、老化した神経を若返らせることこそが、健康につながると指摘。認知症予防をはじめ、体の不調を改善するための「神経クリーニング」というメンテナンス法をクリニックで実践している。

 

じつは普段の生活のなかでも、神経を若返らせることはできると工藤先生はいう。そこで工藤先生が、そんな「神経を若返らせる生活習慣」を教えてくれた。

 

【1】朝30秒の「歯茎磨き」

 

「歯茎には40カ所以上の神経のツボがあります。普通に歯を磨いた後、上の歯茎の左右と真ん中、下の歯茎の左右と真ん中、それぞれ約5秒ずつ、合計30秒ほど歯ブラシで軽く磨きます。デリケートな歯茎を傷つけないように、決して強くこすったりしないよう注意しましょう」

 

【2】お風呂で3点シャワー

 

「顔と手と足の3カ所は、神経が集中しているところ。強めの水圧で垂直に約20秒ずつシャワーを当てて、刺激しましょう。手は、手のひらから甲までまんべんなく。足は、足裏を集中的に当てましょう」

 

【3】トイレの中は「考える人」

 

「トイレで排便するときに、前傾姿勢で『考える人』のポーズを10秒とります。ポイントはしっかりと両足を床につけて、つま先が見えるまで前かがみの姿勢になること。次に5秒背中を伸ばしてしっかり息を吸い、もう一度10秒『考える人』ポーズを。背中の神経を刺激するだけでなく、大腸を活性化させ、便秘の解消にもつながります」

 

【4】家事は「かかと立ち」で

 

「包丁で野菜を切るときなど、キッチンでの作業中は、肩を丸め猫背になることが多いです。かかと立ちすることで、姿勢を正せるだけでなく、普段あまり伸ばさないふくらはぎのストレッチになります。ふくらはぎは下半身にたまった血液を心臓に送り返す、“第2の心臓”の役割を果たしています。かかと立ちは、ふくらはぎにつながる神経を刺激できます」

 

【5】夜は「3つの山」で眠る

 

「質のよい睡眠をとるために意識してほしいのが、首、腰、膝に山を作って寝ることです。首の山は、低めの枕を使って首がまっすぐに伸びた状態になるように。すると神経も痛まず睡眠も深くなります。高い枕はNGです!膝の下に座布団をたたんだもの、腰の下にはバスタオルを丸めたものを入れて、山をつくりましょう。無理な姿勢で寝ることなく、神経の流れもよくなります」

 

朝昼晩、絶えず神経を刺激して若返らせ、しっかりと認知症予防をしよう。

【関連記事】

生活習慣病予防にも! みかんで得られる健康効果5

物忘れ、認知症を防ぐ“脳にいい7つの生活習慣”
放射能に負けない生活習慣3

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング