梅雨時の洗濯の大敵…“生乾きの臭い”を避ける干し方は?

投稿日: 2017年06月07日 11:00 JST

image

 

「梅雨どきは、“厚手の衣類は軽く乾燥機にかけてから干す”は特におススメです。乾く速さに断然違いが出てきますし、臭いも抑えることができます。さらにシワもとれやすくなるというメリットも。ただし大量に衣類を乾燥機へ入れると、シワになりやすくなってしまうので気をつけてください」

 

こう話すのは、洗濯王子こと洗濯家の中村祐一さん。梅雨どきの悩みの一つは、生乾きの洗濯物が発する嫌な臭い。洗濯で落としきれなかった皮脂やタンパク質などの汚れを菌が食べ、その代謝物(フンのようなもの)が悪臭の原因となる。つまり菌の繁殖を抑えれば、臭いも抑えられるという。そこで、こまめな洗濯とあわせ、重要になってくるのが洗濯物を早く乾かすこと。中村さんが、早く乾いて臭わない「干し方」を教えてくれた。

 

■アーチ干し

 

「ピンチ角ハンガーに干すときは、外側に大きめタオルや丈の長い物を、内側に靴下など短い物を干し、アーチ状になるように。洗濯物の間に風がよく通るようになります」

 

■蛇腹干し

 

「バスタオルなど大きな布類は、ピンチ角ハンガーを使って、布の触れ合う面積が最小限になるよう、蛇腹状につるします。風が当たる表面積が増えるので乾きがぐんと早くなります」

 

■逆さバンザイ干し

 

「パーカーはフード部分が背中と重なってしまうので、角ピンチハンガーに裾を止めてつるします。サイズが大きくて、バンザイした肩の部分が重なるなら袖もピンチで留めて」

 

■筒干し

 

「パンツやスカートなど筒状の衣類は、ウエストの部分が丸く筒状になるよう角ピンチハンガーに。風が中までよく通るので、乾きが早い。ポケットのある衣類は裏返すのを忘れずに!」

 

■襟立て&前開き干し

 

「シャツの襟は特に乾きにくい部分なので、襟をしっかりと立てて干す。ボタンを閉めると乾きにくくなってしまうので、開けたまま干します」

 

■扇風機干し

 

「干した洗濯物に直接風が当たるように、サーキュレーターや扇風機を当てます。特にアーチ干しの場合は、下から風を当てるようにすると乾きやすくなります」

 

今年の梅雨どきには、早く乾く「干し方」を取り入れて、臭わない快適生活を目指そう!

【関連記事】

操作の負担が全然ない!ボーナスで買いたい「親孝行家電」5

部屋干しは“5時間”が勝負!専門家語るニオわない干し方
縦型orドラム式…ボーナスで洗濯機買うならどっち?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング