「在宅死」を望む家族を、仕事を辞めずに看取るために必要なこと

投稿日: 2017年02月15日 17:00 JST


 
たとえ病気であっても、家で最期を迎える時代がやってきた。高齢社会が加速し、介護施設の不足も深刻化するなかで、国の方針は在宅ケアに向かっている。制度を最大限に利用すれば、フルタイムで働きながらでも家族が望む「在宅死」を実現することができるという。
 
「事業を展開するのはまだ、東京23区のうち新宿、世田谷、杉並、大田、葛飾の5区ですが、現在エリアを拡大中です。サービスの提供圏は事業所か...

【関連記事】

注目高まる「高齢者の地方移住」の前に必要な準備とは?

96歳! 現役最高齢女性内科医に教わる「認知症を遠ざける食卓」
岩手高齢者施設9人死亡に学ぶ災害死しない施設選び4カ条

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ジョンミンが明かした入隊中の心境「はやくみんなに…」2017.07.25

今週のK☆STAR LOVERSは、先週に続き、SS501のパク・ジョンミン(グループは現在活動休止中)。 7月1日に除隊したばかりだが、2年間の公益勤務中を振り返り、いちばん印象に残っている出来事...


ランキング