家計のコストカットのために考えるべき“20の無駄”

投稿日: 2015年05月11日 06:00 JST

企業のコストカットのコンサルタント・坂口孝則さんが、そのコスト削減術を家庭に応用させた著書『レシートを捨てるバカ、ポイントを貯めるアホ』(朝日新書)が話題になっている。

 

「企業も家庭もやみくもに節約を唱えても成功しません。成功させるにはきちんとした手順があるんです」という坂口さんに、家計のコストカットのために考えるべき“20の無駄”を指摘してもらった。

 

【1】プリンターは基本的にカラーでは使わない

 

【2】冷蔵庫の常備品を見直す

 

【3】医療保険はやめる

 

【4】お中元・お歳暮を見直す

 

【5】年賀状は出す量を半分にすると決める

 

【6】スーパーは週2回以下と決める

 

【7】外食は月1回と決める

 

【8】封書はやめはがきにする

 

【9】携帯電話のオプションサービスをこまめに見直し、できれば解約する

 

【10】視聴していない衛星放送などの契約を見直す

 

【11】家のアンペア数を見直す

 

【12】格安スマホへの変更を考えてみる

 

【13】近所の駐車場をチェックし、契約中のところと比較する

 

【14】自家用車を売却し、レンタカーを活用する

 

【15】固定電話は深夜に利用する

 

【16】2年に1度、携帯電話会社を替える

 

【17】’01年以前の冷蔵庫は買い換える

 

【18】’07年以前の掃除機は買い換える

 

【19】ガス給湯器を付け替える

 

【20】一家の携帯電話使用明細をもとに、各社に最適プランを提案してもらう

 

会社では支出の責任が明確だ。しかし家庭では、自分の支出にはつい甘くなる。夫婦でお互いの無駄遣いをチェックすることから始めたい。

【関連記事】

荻原博子さんが解説「’15年、家計に押し寄せる負担増」

家計不安と学費高騰が続くいま…注目したい“給付型奨学金”
プロが教える家計管理術「家計簿は年に1回つけるだけ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング