格安スマホ価格競争が過熱…家族で乗り換えれば月2万円の節約も

投稿日: 2016年05月11日 06:00 JST

image

「家計を引き締めたい方は、携帯電話料金を見直してみましょう。というのも、家計に占める携帯電話料金の割合は、所有台数の増加やスマホの登録などで、’05年以降増え続けているからです(’14年・総務省)」

 

そう話すのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。昨年、政府が異例の値下げ要請を行い、ドコモは6月から料金を改定する。auやソフトバンクも追随するようだが、これら大手3社の料金値下げはゆっくりで3社横並びは変わらない。

 

「いっぽう、格安スマホの価格競争は激化しています。2月にイオンモバイルが1ギガまでの通話なしプランを月480円と発表すると、3月にはDMMmobileがそれまで月590円だった同プランを月480円に値下げしました。通話できる2ギガまでのプランも、月1,470円からイオンモバイルと同じ月1,380円に値下げ。このように各社の料金がどんどん下がっていきます」

 

この結果、大手3社と格安スマホの料金差が大きく広がってきた。

 

「携帯電話などの通信を専門に研究するMMD研究所によると、スマホユーザーのうち、大手3社の平均は月7,433円。対して、格安スマホでは月2,067円です(’16年2月)。その差は月5,366円で、1年に換算すると約6万4,000円になります。仮に、家族4人全員が大手3社のスマホから格安スマホに乗り換えた場合、月2万1,000円、年間約25万円も節約できるのです」

 

今夏には、無料通信アプリが人気のLINEが格安スマホ事業に参入する。さらに競争が激しくなるので、じっくり検討してみては?

【関連記事】

スマホ料金節約には…まず「データ通信料」「更新時期」の確認を

「スマホはすぐに新機種に」金持ちの生活習慣【消費行動編】

個人情報漏洩、依存性…ジョブズも懸念したスマホの危険性

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング