ムダ遣いは“脳”のせい!? お金を貯める脳にするための処方箋

投稿日: 2016年07月13日 06:00 JST

image

「そもそも人間の脳は楽をしたいと考えるクセを持っていて、じつは流されやすい。それは深く考えすぎるとエネルギーを消費し、疲れるからです。お金の使い方にしても、あまり損得を考えず、知らず知らずのうちにムダ遣いをしてしまっているのは、この脳のクセに気づいていないことが原因なのです」

 

こう語るのは、『そのお金のムダづかい、やめられます』(文響社)の著者で、菅原脳神経外科クリニック院長・菅原道仁先生。菅原先生によると、ムダ遣いをしたくなる脳のクセを知っていれば、お金は自然と貯まるという。そこで、私たちが日常生活で陥りやすいムダ遣いの罠を挙げてもらい、処方箋(対処法)を伝授してもらいました!

 

【ストレスがたまると、つい買い物をしてしまう】

 

「とくにムシャクシャしているときは冷静な判断ができなくなる。そんなときに、『アッ、これいいな〜』と瞬時にひらめいたり、出合ったりすると、ドーパミンが大量に出て、つい衝動買いをしてしまうんです。そして家に帰り、冷静になったときに、『何で買ってしまったんだろう?』と、後悔することに……」

 

処方箋:すぐに買わないこと。

 

【行列を見ると、つい気になって並んでしまう】

 

「人間は大衆心理に左右されやすい。これは損をしたくない、失敗したくないと思う『バンドワゴン効果』といわれているもので、周囲に合わせることで安心してしまう。それから『ハロー効果』と呼ばれる、『有名人がすすめていたから間違いない』という思い込みも関連します。人間は他人と自分を比較して生きているので、先に体験したことを自慢したくなるのです」

 

処方箋:人の意見をうのみにしないこと!

 

【旅先で友人がお土産を買うと、一緒に買ってしまう】

 

「友人から『せっかく来たんだからこれも買うべきよ』『ここでしか買えないのよ』とあおられ、別に欲しくもないものをついつい余計に買ってしまうのが、よくあるケース。いわゆる“釣られ買い”です。結局、家に帰っても食べないまま冷蔵庫の中に入れっぱなし、なんてことは?」

 

処方箋:気持ちが大きくなっている旅先では、勢いで買わないこと!

 

【通常価格に赤線が引かれ、値下げされている値札に弱い】

 

「たとえば通常価格1万円の商品が5,000円になっていたとします。その値札には価格が対比できるように、値下げ前の価格が残してある。これは店側が仕掛ける“値札のトリック”。わかりやすく“半額”になっていることで脳が反応し、ちょっと欲しいものが、かなり欲しいものとして、上書きされてしまうのです」

 

処方箋:安くなるのにはそれなりの理由がある。本当に自分が欲しいものなのかどうか、しっかり判断すること!

 

最後に菅原先生はこうアドバイスする。

 

「いまはモノが売れない時代。売る側は知恵を絞ってモノを売ります。だから買う側も知恵を使うことです。まず反射的にものを買うことはやめる。自分の人生にとって、本当に必要なものかどうか、よく考えてからお金を使うクセをふだんからつける。これがムダ遣いをしない最大のポイント。それができればお金は貯まっていくはずです」

【関連記事】

江原啓之さんが指南“お金への意識”がわかるチェックリスト

庶民が絶対やってはいけない「お金を減らす習慣」前編
お金が貯まらない人が陥りがちな「ぜいたく出費」習慣

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング