無理なく上手に…アベノミクス時代の”節約マメ知識”

投稿日: 2013年03月27日 07:00 JST

「大きな節約をしようと無理すると長続きできません。たとえ少額でも継続的にできる節約が、結果的にチリも積もれば式で大きな節約となります」

 

そう話すのは節約アドバイザーの和田由貴さん。株価も徐々に上昇し、景気の回復が大いに期待されるアベノミクスだが、円安による水道光熱費&物価の上昇も懸念されているのも事実。そこで重要になってくるのが家庭での節約。和田さんは節約のポイントは毎日の『水道光熱費』と『食費』、『消耗品』にあるという。そこで、そんなアベノミクス時代を乗り切る、家のなかの”節約マメ知識”をご紹介。

 

【洗濯編】

夫のシャツはすべて形状記憶タイプにすると、電気代・クリーニング料金の節約にもなる。「乾燥機がなくて部屋干しをする場合、洗濯物同士の間隔を空けて窓際に干す。扇風機の風を当ててやることで幾分早く乾きます。ランニングコストは約5円(7時間)。ただし、厚物の衣類などは向きません」(和田さん・以下同)

 

【雑費編】

冷蔵庫の上には物を置かない。温かい空気を上に逃しているため、物を置くと空気が逃げにくくなり、無駄な電気代がかかる。「温水洗浄便座の設定温度が、冬は強から中へ、春秋は中から弱へと変更すると年間約800円の節約。使用しないときはふたを閉じておくと年間約1,100円の節約になります」

 

【食費編】

スーパーの見切り品は午前中を狙うこと。夕方以降は総菜などが半額になることが多いが、安くてもその日に消費しなくてはならない食材は結局は損になる。「見切り品でゲットしたいのは豆腐、納豆、卵、牛乳などといった日配品(生鮮食品ほどではないが消費期限が比較的短い商品)。日配品のほとんどは冷蔵庫にあると便利な食品ばかり。値引きの狙い目は午前中の品出しの直後です」

 

【消耗品編】

シャンプーや液体ソープなどはたくさん使っても効果は同じ。ボトル容器だと一度に出る量が多いので、ボトルの口の部分に輪ゴムを巻くと、一度に出る量が減る。「食器用洗剤は、半分くらいを別の容器にとり、使うほうは水で倍以上に薄めておく。汚れはこれで十分落ちるし、倍以上使えてお得です」

【関連記事】

プロがこっそり教える「アベノミクスで”勝てる株”」

アベノミクスで「値上がりする商品」「値上がりしない商品」
大手企業の賃上げムードも「中小企業には恩恵なし」の実態

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング