節約ママブロガーが実践!対銀行住宅ローン交渉で支出減

投稿日: 2014年04月21日 07:00 JST

「手作り家計簿が『女性自身』で紹介されてから、ブログのアクセス数が増えて。『私も家計簿をまねさせてもらいました』と言ってくれる人もいてくれて、うれしいんです」

 

以前、本誌で、自作の家計簿を公開してくれた「気ままなママ」さん。この家計簿を活用し、’13年の1年で115万円を貯めたというから驚きだ。東京近郊にある3LDKのマンションで、夫と3人の子供の5人暮らし。彼女が執筆するブログ「気ままなママの節約&やりくり家計簿」では、毎日の家計が公開され、人気を呼んでいる。

 

この春、家計を直撃した消費税アップ。これを受けて彼女は毎月の住宅ローンを見直すことにした。ローンの残金は約1千900万円。残り25年で返済予定だった。金利は、マンションを購入したときのままの、1.725%。

 

「金利の低いネット銀行に、住宅ローンの借り替えをしようと決めて、書類をそろえました。そして、借りていた銀行に『ネット銀行へ乗り換えをしようと思います』と、電話したんです」

 

すると、担当者からは「しばらくお待ち下さい」との返事が。そして、1時間後に電話があった。

 

「『当銀行でも金利を下げることができますが?』と言われて。驚きました。ネット銀行に借り替えする場合は、諸経費として56万円が必要でしたが、同じ銀行で金利を変更するなら、手数料は5千250円で済みます。迷わず、同じ銀行で金利を変更する方法を選びました。おかげで月の支払いも、7万5千793円から6万8千313円と、7千480円の節約に成功しました」

 

さらに、スマホの契約プランを変更して、月に1千910円を節約。住宅ローンと合わせて、月に約1万円の支出削減に成功した。

 

彼女は3年前にも、銀行に金利の相談をしたことがある。そのときは、こんな提示はされなかったという。

 

「あくまで私の考えですが、景気などのタイミングと、借り替えに対する私の『本気度』のアピールが、前回とは違っていたと思います。今回は、借り替えに必要な書類もそろえて、手続きの最終段階まで進んでいましたから。住宅ローンを利用している人は、ぜひ銀行と、金利の交渉をしてみてください。その際は、借り替えた際のシミュレーション結果を銀行の窓口に持参し、真剣さを伝えるといいと思います」

【関連記事】

話題のリケジョママブロガーの「科学的節約術」

「お金がないなら企画で勝負」テレ東に学ぶ節約術
元浪費家ママブロガーうっちーさん「食費節約8カ条」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング