FP主婦が実践する節約の知恵「チラシは見ない」

投稿日: 2014年05月07日 07:00 JST

「お財布にお札を入れるときは、手前から1万円札、5千円札、千円札の順に並べています。まず目に入るのが1万円札なら、『もったいない』という気持ちが先立って、買わずにすむことも。一目、見ただけで、いくら残っているか、すぐ把握できます」

 

そう語るのは、一般家庭の家計相談を請け負う、家計アイデア工房代表・柳澤美由紀さん。柳澤さんはファイナンシャルプランナーの資格をもつ「FP主婦」。実際の買い物では、お気に入りの“定番品”を決め、ほかのものは買わないようにしている。「チラシは見ない」が柳澤家のルールだ。

 

「安さを基準に選ぶと、安売りのたび『買わないと!』という強迫観念が生まれ、無駄買いにつながってしまうからです。それよりは、いいものを少しずつ使うほうが、結果として経済的です」

 

定番品は、有名メーカーの商品でなくても大丈夫。100円ショップで売られている洗剤でも、成分はブランド洗剤とあまり変わらないものもある。

買い物だけでなく、節電対策も欠かさない。柳澤さんが、とくにすすめるのは、洗濯機のコンセントに、スイッチつきの電源タップをつけること。

 

「1日のうち、洗濯機を使わない時間のほうが圧倒的に長いでしょう。だからふだんはオフにして、使うときだけスイッチオン。これだけで電気代が1割近く減りました」

【関連記事】

「休日は巣ごもりレジャー」シングル母の年6万円節約テク

光熱費節約に効果的な「電気料金通知書」の読み方
早起きは3万円の得!?節約アドバイザーが伝授「早割り」節約術

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング