ジカ熱、今の季節は感染リスク低く 自宅療養も可能

投稿日: 2016年02月26日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

神奈川県保健福祉局によると、ジカ熱感染が疑われる患者が県内の医療機関を受診した場合、患者から採取した検体を地方衛生研究所で調べ、国立感染症研究所で確定診断を行う。

ジカ熱は一般的に蚊に刺されることによって感染するが、現在は蚊の活動期ではないため、県内で感染が拡大するリスクは低いという。感染が判明しても、原則として患者を隔離病棟で治療する必要はなく、自宅で療養できる。

川崎市の場合、中南米でのジカ熱流行拡大を受け、1月27日に、厚労省の通知に基づき、感染が疑われる患者が出た場合の協力を市内の医療機関に依頼していた。

医療機関は、▽流行地域への渡航歴がある▽発疹または発熱がある▽関節痛、関節炎、結膜炎のうち一つ以上の症状がある-の三つの要件に該当する時に感染を疑い、患者情報を各区の保健所に報告。市は患者の検体を市健康安全研究所で検査し、陽性反応が出た場合に国立感染症研究所で確定検査に回すことになっていた。

県保健福祉局によると、ジカ熱は診断した医師に保健所への報告を義務付ける感染症法の「4類感染症」に指定されている。致死率が高く1類感染症とされるエボラ出血熱や、2類感染症の結核などとは異なり、ジカ熱の症状は一般的に軽く、症状が出ない感染者も多いという。

ただ、妊婦が感染すると、胎児や新生児の頭が小さくなる小頭症との関連が疑われており、注意が必要になる。また、性交渉による感染リスクも指摘されている。

関連記事
地域医療大切さ Dr.コトーに学ぶ
エンテロウイルス、小児慢性疲労…子供を襲う「新種の奇病」が急増中
ノロウイルスで感染予防訴え 厚木でキャンペーン

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング