「やらないと殺される」主犯格の指示主張 川崎中1殺害第2回公判

投稿日: 2016年03月04日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

川崎市の中1男子殺害事件で、傷害致死罪に問われた無職少年(18)の裁判員裁判第2回公判が3日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)であった。被告人質問で、少年は「友だちを切りたくないという思いはあったが、やらないと自分が殺されると思った」と説明。少年の母親と祖母も証人として出廷し、遺族への償いの気持ちを語った。

少年は事件で起訴された3人のうち、亡くなった男子生徒=当時(13)=と最も親しい関係だった。

男子生徒から遊びの誘いを受け、以前に男子生徒とトラブルになっていた主犯格の少年(19)=殺人などの罪で有罪確定=が「1発ぐらいは殴るんじゃないか」と考えたが、「そこまでしないだろうと思ったので(主犯格の少年の存在を)内緒にした」と呼び出した経緯を述べた。

いったん1人でコンビニに行き、戻った河川敷で主犯格の少年から切り付けるよう指示されたことは、「馬乗りになられ、カッターナイフを向けられた」と自身も脅されたと主張。少年が謝りながら首を切ると、男子生徒は苦しそうな表情で目に涙を浮かべ、口元が「ごめんなさい」と動いているような感じがしたという。

検察側は、少年が「弟のよう」に思っていたことを男子生徒が喜んだエピソードを紹介。なぜ助けを求めなかったのかとただしたが、少年は「自分たちのやっていることが怖くて、考えられなかった」と弁明した。当時の男子生徒の心境は「最も頼れる人が助けてくれないのは、とても苦しいと思う」と語った。

少年は昨年2月、主犯格の少年らと共謀し、多摩川河川敷で男子生徒の首をカッターナイフで多数回切り付け、死亡させたとして起訴された。傷害致死罪に問われた別の少年(18)は公判前手続きが続いている。

【関連記事】

川崎中1殺害 20日で1年 「助けられずごめん」

【弁護側冒頭陳述】「予期せぬ事態に暴走」 川崎中1殺害

【検察側冒頭陳述】「報復されると思い犯行」 川崎中1殺害

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング