秦野の老舗そば 「立ち食い」進出

投稿日: 2016年04月04日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

秦野の老舗そば店「石庄丹沢そば茶屋本舗」(秦野市堀川)が駅前そば店チェーン「立ち食いはだの蕎麦(そば)」を始めた。のれんの使用を許可するライセンスを販売し、独立を希望する人に技術指導し、麺を卸す。小田急線渋沢駅前に1号店をオープン。「お酒も楽しめる夜鳴き蕎麦を復活させたい」と意気込んでいる。

同社は市内と北海道に農場を持ち、国内産そば粉で製粉している。本店では十割そばを提供するほか、デパート、ホテルなどに麺を販売している。

駅そば事業で麺の販路拡大を狙う。各店の独立採算制で、同社が希望者に200万円でライセンス契約し、技術指導を行う。「サラリーマンに気軽に食べられる価格に」と国産のそば粉5割・小麦5割の麺と野菜を販売する。石井勝孝会長(57)は「従来の立ち食い蕎麦は外国産のそば粉が3割ほど。味も品質も圧倒している」と胸を張る。

1号店は2月6日、市内在住で大手ホテルの料理長を務めていた片野隆さん(62)が開業。値段はもりそば、かけそば、ともに300円から。深夜0時まで営業し、店内で焼酎なども飲める。「最近のそば店の多くが夜は早く終わってしまう。飲んだ後に立ち寄れる夜鳴きそばに十分、商機はある」(石井会長)。

今後は小田急電鉄系の「箱根そば」のように小田急線沿線を中心に展開したい考え。石井会長は「早期退職後の第二の人生で、そば屋を始めたいという人は多いと思う。『いざ秦野』で一緒に秦野のそばを盛り上げよう」と呼び掛けている。

【関連記事】

鉄道コラム前照灯(112) 駅そばを考える

鉄道コラム前照灯(36) 幻想で成り立つ駅弁

【新天地・鉄板やきそば】食欲そそる熱々あん

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング