子育て中のアイデアを形に 横浜の夫婦開発グッズが人気

投稿日: 2016年04月11日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

育児中の不安を解消しようと便利グッズを開発している企業「光巨(みつおお)プロジェクト」(横浜市中区)のベビーグッズブランド「Rompbaby(ロンプベイビー)」が人気急上昇中だ。立ち上げ当初の5年前には1年間で300だった売り上げ点数が、昨年は1万点近くにまで成長。自身も2児の親である夫婦が手を携え、子育てしながら生まれるアイデアを見事に形にしている。

2011年の発売から累計2万3千点を売り上げたヒット商品「究極のオムツポーチ」をはじめ、多機能トートバッグや防水オムツ替えシートなど、主に6種類を販売。豊富なカラー展開などデザイン性の高さもさることながら、人気の秘訣(ひけつ)は優れた機能性にあるという。

例えば、特許も取得しているオムツポーチは急いでいるときでも外側から簡単にウエットティッシュが取り出せる構造。新生児のオムツ8枚とおしり拭き、着替えも入る収納力が売りだ。オムツ替えシートは乳児のおしりが冷えないよう肌を包み込むパイル素材でできている。外出先の限られたスペースでも使いやすいように楕円(だえん)形にするなど、工夫を凝らしている。

妻の土屋久美子さん(40)がアイデアを、夫の光巨さん(39)がデザインを担当。同社はもともとスノーボード用品の販売を手掛けていたが、08年5月に長女が誕生したことがきっかけとなりベビーグッズの製作にも取り組むようになった。

「おしり拭きからウエットティッシュが何枚も出てきたり、オムツ替えスペースのうしろに何人もの人が待っていて焦ったり。もっと楽な方法はないかと考えたのが始まり」と久美子さん。ものづくりの経験ゼロから試作を重ね、3年かけて完成させたのがオムツポーチだった。

夫婦とスタッフの計3人で運営する小さな会社なため広告も出せず、身近な知り合いに使ってもらうことからスタートした。やがて口コミで広がっていき、今では全国各地から注文を受けるほどに。出産祝いなどギフト商品として人気という。

新たな挑戦として手掛けたのが、食器5点セット「あんしんな食器」だ。「食べるものだけでなく食器も安全なものを使いたい」との思いから、アルカリに強く、環境ホルモンが溶け出す恐れもない安全な素材を使用。「おもてなし」にあふれた製品やサービスを発掘し国内外に発信する16年度の「おもてなしセレクション」(複数の企業でつくる実行委員会主催)で金賞を受賞した。

「受賞を弾みに、より多くの子育て世代にロンプベイビーの製品を使ってほしい」と話す2人。海外をはじめ、販路を開拓していきたいと意気込んでいる。商品は全国の百貨店や専門店で販売。詳細は公式ウェブサイトで。

【関連記事】

子育て支援事業を行う会社「AsMama」がガイド本

全18区に子育てパートナー 横浜市が配置、情報を提供

給食費無料、保育料免除…自治体が進める子育て支援策

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング