「被災地の継続支援が大切」 米海軍家族の活動が5年

投稿日: 2016年04月11日 14:00 JST

関連キーワード

image

(写真・神奈川新聞社)

米海軍横須賀基地の軍人家族らでつくるボランティアグループ「ヘルピングハンズ」の活動が、東日本大震災後の発足から5年経過した。日用品などの物資を継続して送り届け、仮設住宅への訪問も続ける。困った人に差し伸べる手(ヘルピングハンズ)は世界各地から被災地へ向けられている。

ヘルピングハンズは2011年4月、川崎市の避難所「とどろきアリーナ」などに避難していた被災者を支援しようと発足した。当初のメンバーは20人だったが、インターネット交流サイト「フェイスブック」などを通じて、支援の輪がどんどん膨らんだ。横須賀から米本土やイタリア、ハワイなどの米軍基地に転勤していった家族も、物資や義援金などを送り届ける支援を続けている。

グループの発起人で、米軍人の夫を持つサリバン雅子さん(37)は3月下旬、夫の赴任先サンディエゴから一時帰国。米海軍家族ら6人で被災地の4カ所の保育園や仮設住宅を訪れて物資を届け、園児やお年寄りと触れ合った。

当初は40世帯が暮らしていた仮設住宅は現在16世帯に減り、周囲には新築の家々が建ち始めていた。時の移ろいを感じさせたが、米軍家族の女性の胸には「先が見えない仮設住宅で暮らしている人たちは、どんな気持ちで新しい家を見ているのだろう」との思いがよぎった。

サリバンさんは「震災直後はとにかく物資が必要だった。でも、今は(被災者との)心のつながりが大事。誰かに気を掛けてもらうことで、心強く感じるのだと思う」。だからこそ、顔の見える支援をこの先も続けようと心に決める。

グループのメンバーには、震災を経験していない米軍家族も続々と加わっているという。「5年たち、あらためて継続支援の大切さを知った。みんなの力があってこそ支援の輪」とサリバンさん。助け合いの精神は脈々と受け継がれている。

【関連記事】

和服でトモダチ作戦 米軍支援に感謝、着付け企画  有志で5年、人気 横須賀

冬控え被災地へ手編みの贈り物、横須賀の米軍家族ら

編み物通じ被災地支援 横浜・ドイツ人ニット作家

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング