愛称は「エミ」 ズーラシアの赤ちゃんテングザル

投稿日: 2016年05月10日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)で、昨年12月に生まれたテングザルの赤ちゃん(雌)の愛称が「エミ」に決まった。土日・祝日の午後に一般公開しており、同園は「母親と仲良く過ごす様子を見に来て」と来場を呼び掛けている。

テングザルはボルネオ島に生息する霊長類の一種。成獣の雄の鼻はてんぐのように長く垂れ下がっているのが特徴。雌の鼻は短い。国際自然保護連合が絶滅危惧種に指定し、国内で飼育しているのは同園のみ。

4月16日からの愛称募集には1週間で830票が集まり、エミ(笑み)が3候補で最多の437票だった。母乳に加えて葉も食べ始め、順調に成長しているという。問い合わせは、同園 電話045(959)1000。

【関連記事】

自転車記者が行く・モモンガに飼われて

赤ちゃんミーアキャット ズーラシアで公開へ

赤ちゃんの愛称決めて テングザル、16日公開

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング