急増!スカジャン女子 パリコレで脚光、横須賀は集客期待

投稿日: 2016年07月01日 13:00 JST

関連キーワード

image
(写真・神奈川新聞社)

光沢のある生地に、虎や竜の派手な刺しゅう。横須賀名物「スカジャン」の発祥地、どぶ板通り商店街でちょっとした異変が起きている。世界的ファッションショー、パリ・コレクション登場をきっかけに、スカジャンを求める来客の中に若い女性が目立つようになった。専門店は「流行する中、せっかくなら本場で手に入れたいのでは」と分析。新たな客層がもたらす地域の盛り上がりに期待を寄せている。

スカジャンは、戦後、横須賀に駐留した米兵が自分のジャケットに和柄の刺しゅうを入れてもらったのが始まり。専門店「プリンス商会」の渡辺栄子さん(65)は「これまでのお客さんは、スカジャンが昔から好きな男性ばかりだった」。

だが2016年春夏のパリコレで、グッチやルイ・ヴィトンといった有名ブランドがスカジャンを起用。その後、国内外のファッション誌でも取り上げられ、テレビで女性芸能人が着用している姿も見られるようになった。

10代後半~20代に人気の女性誌「ViVi」(講談社)は、2~6月号にかけてスカジャンを「流行のアイテム」として紹介。編集部は「女性らしいアイテムに、(男性的で)辛口なスカジャンがアクセントとなる」と、魅力を語る。

発祥地のどぶ板通り商店街にも流行が回帰している。「これまで女性客はほとんどいなかったけれど、この春は全体の6~7割が女性」。スカジャンを販売する「MIKASA vol.2」のオーナー、一本和良さん(53)は驚く。

ブームを受け、市、横須賀商工会議所、京浜急行電鉄でつくる横須賀集客促進実行委員会は4~5月、スカジャンを着ると割引などのサービスが受けられるキャンペーンを地元15店舗で実施した。約1カ月で利用者は15人だったものの、担当者は「都内、横浜から観光客が訪れていた。暑い時期だったけれど、反応はいい」と集客の効果を受け止める。

夏は“オフシーズン”のスカジャン。「ブームはまだ続く。秋や冬にまた実施したい」と意欲を燃やしている。

【関連記事】

【商店街特集】六角橋商店街(11) カジュアルショップ カズ

駐日大使館の外交官招き ツアーで横須賀の魅力PR

開港の地・横浜を食と音楽で堪能 29日までY157イベント

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング