「強固な殺意」認定 シッターの男に懲役26年

投稿日: 2016年07月21日 15:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

ベビーシッターとして預かった複数の乳幼児にわいせつな行為に及んだ上、横浜市磯子区の男児=当時(2)=を窒息死させるなどしたとして、殺人や強制わいせつなどの罪に問われた男(28)の裁判員裁判で、横浜地裁は20日、懲役26年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。片山隆夫裁判長は「シッターの立場を悪用し、親の信頼を裏切った。極めて悪質だ」と指摘した。

 

弁護側は男児の死亡を風呂で溺れたことによる「事故」とし、懲役7年が相当と訴えており、殺人罪の成立が主な争点だった。

 

片山裁判長は判決理由で、男児の遺体の状況から「鼻と口を少なくとも3~5分にわたり手でふさぎ続けた強固な殺意に基づく犯行」と認定。その上で、「2歳の幼さで将来を奪われたことは痛ましいというほかない。わいせつ目的で男児らを誘拐し、最終的に殺害に至ったのは、非常に強い非難に値する」と述べた。被告が起訴内容の大半を否認したことも、「真摯(しんし)に事実と向き合っておらず、反省の情は乏しい」と指弾した。

 

一方で、「殺人には計画性がなく、最も重い部類に属するとはいえない」と指摘。検察側が求刑した無期懲役は「重すぎると言わざるを得ない」と判断した。

 

判決によると、被告は2012年11月~14年3月、預かった20人近い乳幼児の裸を撮影したり、わいせつな行為に及んだりしたほか、同月に男児を窒息死させ、生後9カ月の弟にも重度の低血糖症の傷害を負わせるなどした。

【関連記事】

シッターに懲役26年 男児殺害事件

殺人か事故か シッター事件 20日判決
「命で償って」遺族が胸中 シッター事件公判

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング